サロンマネジメントブック シリーズ
サロンマネジメントブック vol.1 「社保と賃金」

人口減少と高齢社会という時代背景も見据え、スタッフを雇用し安定的なサロン運営を目指すヒントとなるマネジメントブック。経営に欠かせない人材確保、育成、活用といった3つの要素を、それぞれ社保加入、評価とキャリアプラン、多様な働き方の視点から整理して、3分冊で提案します。 第1弾となる「社保と賃金」では、今や人材確保に欠かせない社会保険加入にスポットを当て、具体的な加入事例も紹介しながら、美容室の雇用、労務のポイントについてまとめます。
サロンマネジメントブック vol.2 「評価と賃金」

美容室の最大の経営資源となる人材の確保、育成(定着)、活用といった視点から3分冊で発行するサロンマネジメントブックシリーズの第2弾。
社会全体の少子高齢化、人口減少が進行する中、美容室の安定的な成長に必要な人材確保においても、他業種を含めた競争がはじまっています。美容室の運営では、確保した人材の育成と定着をはかり、いかに長く安心して働いてもうらうかが、安定的な成長を支える鍵となっています。スタッフが美容の仕事の楽しさとやりがいを感じる環境づくりを目指し、美容室が貴重な人材を真の人財としていくために必要な育成と評価、賃金の仕組みについて整理します。さらに具体的な取り組みの事例も交えて提案します。
サロンマネジメントブック vol.3 「働き方と賃金」

好評のサロンマネジメントブックシリーズ第3弾! 最大の経営資源であるスタッフが長く安定的に働くことを前提としたキャリアプランづくりや、女性美容師を中心とした働き方や活用のあり方について検証。美容室が押さえておくべき、多様な働き方を支える仕組みや雇用の形態を整理して、少子高齢、人口減少社会を生き抜くヒントとしてまとめます。