特集
美容の仕事を楽しく長く続けられる
身体に負担の少ないカット技術で生産性UP!
1日中休憩も少なく、立ち仕事ゆえ身体への負担が大きい美容の仕事。その上、カットやシャンプー時の動作、無理な姿勢は腱鞘炎や腰痛の原因にもなっています。身体の不調から美容の仕事を辞めざるを得ないケースも少なくありません。そこで、次号の特集では、特にカットに焦点を絞り、身体への負担が少ないカットの仕方を検証します。
例えば、カットをする時の「立ち位置」「肘の角度」「姿勢」などを見直すことで、負担の軽減をはかっている事例をベースに、モーションキャプチャーや筋電などを使った実験も含め、新しい視点からのカット特集をお届けします。
さらに、シザーを使うときの手の開閉を少なくし、カット時の手首の角度に注意することで腱鞘炎へのリスクを軽減するためのシザー選びのポイントも紹介します。
Part1
腱鞘炎や腰痛、私はこうして復調しました!
Part2
体にやさしいカットをサイエンスの視点から検証する
Part3
技術者の体にやさしいカットを解説
Part4
腱鞘炎の予防と対応策
Part5
腱鞘炎予防につながるハサミ選び