• 最新号
  • 次号予告
  • バックナンバー
  • 他の本も探す
2017年

2016年

2015年

2014年
編集部にメールを出す



特集
活かすor収める
クセ毛コントロールBOOK


湿気が多くなる季節に気になるクセ毛。ストパーをかけてきれいに収めるだけでなく、うねりやハネを活かしたりパーマを組み合わせたりすれば、さまざまなデザインを楽しめます。6月号では、クセ毛を活かしたカット技術やデザイン例から、ストパーで収める技術解説、ストカールの技法など、クセ毛を上手にコントロールするための情報満載でお届けします。








【6月号特別付録】
30代からのメンズヘア
顔周り大辞典
>>詳しくはこちら

6月号
2013年5月1日発売
特別定価3,024円(本体2,800円)





特 集


活かすor収める
クセ毛コントロールBOOK






●ハネもうねりもオシャレになる
もっとクセ毛をデザインしよう!


尾崎雄亮(pledica)
赤松美和(VeLO)
新藤ムネフミ(MATIRDE)
江原堅志(AKs)
イカリジュンイチ(MAKE’S)
高橋俊友(GARDEN Tokyo)




●OPENING DESIGN

今月のカバーデザイナー根本貴司氏がつくる、モデルの持つクセ毛の魅力をさらに輝かせるカットデザイン4点と、デザインの視点を自ら語るインタビューです。

根元貴司(Double)





●ダメージレス&持続性を叶える
「ストカール」2つの実例集


髪のクセを修復する中で、ひと昔前のような真っ直ぐストレートは不人気。ストレートであっても不自然さのない自然な動きが求められています。特にストレートを繰り返すお客様は、少しでもデザインを楽しみたいという要望へシフトし、最近では「ストカール」がサロンメニューの看板に掲げられるようになり、ニーズも高まっています。ここでは同じ「ストカール」でも施術の異なる方法で人気のある2つのサロンのアプローチ法を紹介していきます。

近藤繁一(HYSTERIA)
松村勝己(ANTEnNA Hair Resort)





●束感と動きをつくる
クセ毛を活かすカットテクニック


クセ毛のお客様に対しては、重めにつくって収めようとする提案が多いようです。しかし収めようとしてベースを重くつくりセニングに頼ってしまい、結局余計に膨らんだりハネてしまったという経験はありませんか? ここでは、クセ毛を活かして、束感と動きをつくるテクニックを紹介します。

佐藤 大(apish)







連 載



●WAKU WAKU KIMONO
目で見て学ぶ和装豆知識


日頃「知っていると思っていたのに、お客様に改めて質問されると、どう答えていいか分からなくなる」和装の常識、決まりごと、T.P.Oに合わせる知識などを分かりやすく写真と文章で解説します。

第6回 「紬」/着付:金田恵美子、講師:羽鳥 勉







●おしゃれヘアを持ち良くつくる
新井唯夫のセットレッスン


美容師として押さえておきたいのが、セットの技術。この連載では、毎月、年齢やレングスの異なるモデルを1人ずつ取り上げ、3つのセットスタイルとつくり方を紹介。即サロンワークに対応できる「持ち良くつくる」テクを新井唯夫氏が伝授します。

新井唯夫(FÉERIE)
ターゲット「20代〜30代 ミディアムの女性」






●1MODEL×5HAIR
THE FIVE APPROACH


お客様1人ひとりに似合う髪型を探る“似合わせ”の目線は、美容師にとってなくてはならないもの。この連載では、1人の美容師が1人のモデルに対して5つのアプローチでヘアデザインを提案。その女性の素材が持つ“似合うヘアスタイル”の可能性を探っていきます。

金子 史(AFLOAT Xel-Ha)








●コマーシャルとクリエイティブをつくり分ける
DUAL DESIGN


女性客へのプロモーションとして発信する「コマーシャルスタイル」と、独創性に特化してヘアデザインを追求する「クリエイティブスタイル」。1人のデザイナーにその人らしいテーマを投げかけ、この対極的なビジュアルをつくり分けていただき、両者の表現に潜むオリジナリティや、その思考の裏側を紐解いていきます。

中村大輔(imaii)
テーマ「グラデーションカラー」






●売り上げアップ パーマメニュー計画

パーマを独自のデザインメニューとして落とし込み、成果を上げているサロン現場の事例を取材。どんなお客様にどんなパーマを、どのようにアプローチしているのか紹介しながら、売り上げアップにつながるヒントとして紹介します。

氏内康二(YAYOI〜BRAINS fairy店長)
「ノーテンションでダメージレス ストレスフリーのカールデザイン提案






●今月の注目デザイナー

今、編集部が気になる美容師の方にオファー! 旬なテーマを投げかけて、サロンワークの半歩先のデザイン「NEXT」をつくっていただきます。

ヤマザキケンユウ(HURRAH AND THINGS)





●COVER DESIGNER’S HISTORY

表紙をかざっていただいた根元貴司さんの、過去のスタイル作品を紹介していき、ご自身に当時の様子やデザインへの取り組みについて振り返っていただきます。






●うちはこんな感じでやってます!
小規模サロンオーナー座談会


日本全国いろいろな規模や形態の美容室があれど、大多数を占めているのはスタッフ1〜3人の個人店。そんな小規模サロンで働くオーナー同士で、接客や売り上げのこと、プライベートのこと、ヘアデザインのこと、気になるお仕事事情について赤裸々に語り合っていただきました。

「どうしてる? 求人・教育・情報収集(後編)」

斉藤五寿(HAIR SALON ROCKETS)
青井陽二郎(hair salon MONTaUK)
西澤伸幸(defi)






●明日のために、今できること
全国・美容師ネットワークルポ
in鹿屋『DEER』


サロンから一歩出て、新しい活動を始めている美容師ネットワークに着目。自分が働いている街に貢献すべく、活動を行う様子に密着。