• 最新号
  • 次号予告
  • バックナンバー
  • 他の本も探す
2017年

2016年

2015年

2014年
編集部にメールを出す

特集1
2016年のトレンド大予測!
カラーは「グレイ系」と「暖色風味」
テクスチャーは「ダレたうねり」と「ウエット感」


編集部では、カラーは「グレイ系」と「暖色風味」、テクスチャーは「ゆるくてダレたうねりやハネ感」「ウエット感」がトレンドになると大予測! これらのカラーとテクスチャーをキーワードに、2016年のトレンドヘア、そのつくり方のポイントを特集します。


特集2
集客、技術、接客・サービス、スタイル提案力、セルフプロデュース
サロンワーク向上のための意識調査&取り組みルポ



SHINBIYO 1月号(2015年12月1日発売)
定価 1,728円




特 集 1


2016年のトレンド大予測!
カラーは「グレイ系」と「暖色風味」
テクスチャーは「ダレたうねり」と「ウエット感」




●2016 TREND HAIR DESIGN

トレンド予測にそったデザインバリエーションを紹介。また、全16スタイルのカット&パーマレシピ、スタイリングのポイントも解説していきます。


三笠竜哉、鈴木健治(Tierra)
中澤保人、小松健太郎(macaroni coast)
高田昌宏(HEARTS)
木村良成、武直育生(TRACE)





●さっそく提案したい! 2016年トレンドカラーレシピ集

デザイン集で紹介した中から、2016年トレンドカラー「グレイ系」と「暖色風味」を取り入れたデザインのカラーレシピをご紹介します。






●まとまりすぎず、動きすぎない
ワンカール強でつくる「ダレ感パーマ」


この「ダレ感パーマ」は、カール以上ウエーブ未満の中途半端さがポイントになります。ここでは、質感の特徴、そのつくり方を解説。コールド系だけでなくホット系パーマでの注意点も併せて紹介していきます。

中澤保人(macaroni coast)







特 集 2


集客、技術、接客・サービス、スタイル提案力、セルフプロデュース
サロンワーク向上のための意識調査&取り組みルポ

全国の読者200名に「2016年、力を入れていきたいこと、チャレンジしてみたいこと」の緊急アンケートを実施。2016年に取り組むべき内容を実例と共に紹介します。

1.HPのヘアスタイル写真の工夫
2.ファン客を絞るヘアケア特化型サロン
3.ミドルエイジの素材&スタイル研究
4.ママ客が喜ぶお客様サービス
5.流行、トレンド分析のノウハウ





連 載

●COVER&OPENING DESIGN

今月のオープニングデザインは、ヘアメイクとしてのこれまでの経験をキーに、テクスチャーの醍醐味を披露してくれた森川さん。素材の読み解き、マキシマムな表現をするための極意について伺いました。

森川丈二(gem)









●1人のモデルに5つの似合わせ
The 5 APPROACH


1人の美容師が1人のモデルに対して5つの似合わせのアプローチを披露。新しいヘアスタイルの可能性を探っていきます。

第1回 イセキリエ(THE REMMY)








●ネガティブ要素をデザインへ昇華させる
BEAUTY INNOVATION


「INNOVATION(イノベーション)」の持つ「新機軸」「新しい切り口」という点に着目し、新しいヘアスタイルの創造を行うデザイン企画。ヘアスタイルにおいて一般的にネガティブと捉えられてしまう要素をテーマに取り上げつつ、新たに美しいデザインをつくっていただきます。

第1回 伊東秀彦(PEEK-A-BOO)×はねる






●素材の魅力を引き出す似合わせ術
個性派ちゃん、いらっしゃい!


サロンワークでは、日々さまざまなお客様が訪れます。1人ひとりの素材の魅力を引き出すことこそがサロンワークの醍醐味であり、美容師の力量そのもの。それぞれの個性的なお客様を、あなたならどのように魅力的にしてあげますか?

第1回 赤松美和(VeLO)×丸顔ちゃん









●60〜70歳代をヘアとメイクでもっとオシャレに
プラチナ世代の若返りサロンメニュー


今の60〜70歳代(プラチナ世代)は若々しくておしゃれ。彼女たちの悩みに対応し、素敵なヘアデザインを提供し続けることは、美容師にとって大きなテーマのひとつです。今月はカットの達人『imaii』有村さんに「プラチナ世代を輝かせるテクニックとアプローチ」を伝授してもらいます。

カット編第1回 有村雅弘(imaii)
テーマ「若々しい、でも幼くならない顔周りづくり」






●事態の悪化を未然に防ぐ
これが正解!クレーム対応テクニック


毎月クレーム対応に関するお悩みを1つ取り上げ、それに対する正しい対応を上質な接客で定評のある大手サロン『kakimoto arms』の店長2名がお答えします。

第1回「パーマのかかりがゆるいと電話してきた」
監修:坂本直樹、飯田麻衣(kakimoto arms)









●これまでとこれからの道のりを語る
勤続20年以上、現役サロンワーカーの生き様


自分のサロンを持つことも素敵だけど、生涯現役にこだわるのもカッコイイ。そんな観点から、従業員としての道を選んだハイキャリアの“燻し銀”的美容師に、仕事へのこだわりや、美容人生を長く楽しむコツについてインタビュー。

第1回 土屋信也(ZA/ZA)








●美容のこれからを考える
美容師デザイン会議


全国の頑張る美容師さんたちに活動の中から、気になる話題を取り上げて美容業界を盛り上げていくヒントを探るこの企画。今回は、アラフォー美容師が「スタッフ教育」をテーマに語り合います。

第13回「スタッフ教育のいま」
中野太郎(MINX)×MARBOH(MAGNOLiA)×山田敏弘(Paddle)








●SHINBIYO PICK UP

編集部が注目する業界の面白い動きやイベントをピックアップし、独自の視点で切り取っていきます。 今月は、「Japan Hairdressing Awards 2015」に受賞結果を紹介すると共に、授賞式の模様をレポートします。