null

東京の青山・原宿界隈を本拠とするサロンの代表9名が発起人となって、「東日本大震災 美容業界支援プロジェクト=Beauty Force」をスタートさせた。その発表会が、4月12日(火)、東京・代官山のザ・ルーム代官山で行われた。
 その発表によると、今回の大震災で被災した地域の美容室・美容師を支援するために「美容師にしかできない、美容師だからできること」を念頭に置いた、より具体的な活動を行っていくとのこと。
 その支援内容としては、1.いま美容師にできることとして、「避難所に行き、シャンプー&カット、マッサージをサービス」する。2.被災地への緊急支援(NPO、NGO団体を通じて)として、被災者の中でも、特に女性と子供に焦点をあてて、NPOやNGOと協力し、不足している食糧や水、衣類などの援助物資サービスを支援する。3.被災した美容師の環境づくりの支援として、被災地で職場を失った美容師の復興支援として、美容器具、物資の提供、ワークショップの開催、メンタル面でのサポート活動 を計画中。
 また、当日発表に先立って、支援活動の第一弾として、東京・表参道、原宿週において募金活動を実施した。
 Beauty Forceでは、現在、協賛サロン、企業、会員を募集しており、詳細についてはBeauty Forceのホームページ(URL/www.beauty-force.org)で展開中。
 なお、発起人と役職は以下の通り(敬称略)。
 代表/尾崎隆司(INSOLITE BEAUTE)、実行委員長/坂巻哲也(apish)、発起人メンバー/柏木ゆたか(rivage)、木村文一(Terrace AOYAMA)、小松利幸(ANTI)、斉藤充弘(RED HOT)、土橋勇人(DIFINO)、西海洋史(nishigai labo)、宮村浩気(afloat)

null