日本ロレアル株式会社(クラウス・ファスベンダー代表取締役社長)プロフェッショナルプロダクツ事業本部(ベルトラン・フォンテーヌ日本ロレアル株式会社副社長兼プロフェッショナルプロダクツ事業本部長)は、6月1日(水)、東京・新宿のホテルセンチュリーサザンタワーにおいて、「『2011年右腕塾』プレゼンテーション&懇親会」を開催した。
 冒頭、講師を務めるビジネスエデュケーションの戸谷益三本部長は、要旨以下のような挨拶を行った。
「私も美容業界で33年間、いろいろなサロン様を拝見してきたが、伸び続けいているサロンには必ず右腕がいる。そういった右腕の方たち、およびオーナーの方たちとお付き合いさせていただく中で、改めて右腕としての心構えなどを整理したのが今回の資料。サロンが伸び続けるためには、まずは経営トップがしっかりしていることが大事。トップが指し示す方向性が間違ったら、サロンはダメになる。例えば、自転車に乗って運転しているのがトップだとしたら、下ばかり見て先を見ていないと危ない。目の前の道は右腕がしっかり見て、トップは先を見通すようにした方がいい」
 続いて、『右腕塾』の受講者が我こそはと、手を挙げてプレゼンをアピール。戸谷講師がその中から発表者を指名し、順番に『右腕塾』で学んだことやこれからサロンの右腕としてどのような活動をしてきたいか、その想いをプレゼンした。
 プレゼン終了後は、懇親会に移り、受講者とプレス関係者の間で活発な情報交換会が行われた。

null