ヤマノグループは1月10日(火)、ウェスティンホテル東京のギャラクシールームにて新年会を開催した。学校法人山野学苑、財団法人国際美容協会、株式会社ヤマノ、株式会社ヤマノビューティーメイト、株式会社ヤマノホールディングス、山野美容商事株式会社、株式会社ビューティートップヤマノ以上2団体と6社合同で各社幹部、従業員、美容業界をはじめ各界の来賓など合わせて約300名を集めた。
祝宴の冒頭、 山野学苑理事長山野正義氏が挨拶に立ち「昨年は大変厳しい一年だったが、山野グループの一員として安心して働ける環境づくりにこころがけ、今日ここに新年会を催すことができた。共に食すことでさらに結束を高めたい」と述べた。続いて同グループ各社・各団体の代表者及び役員、ならびに山野家のメンバーが壇上に上がり、株式会社ヤマノホールディングス代表取締役社長・山野義友氏から一昨年の債務超過から脱却し昨年9月と10月には上場以来初めての売上の上方修正を行うことが出来たことや、株式会社ヤマノビューティーメイト代表取締役社長の山野幹夫氏、株式会社ヤマノ常務取締役の山野礼央氏がそろって2月に結婚をすることなどが報告された。
来賓の挨拶には大重修一厚生省健康局生活衛生科統括補佐が立ち祝辞を述べた。続いて株式会社ガモウ会長蒲生茂氏の音頭により乾杯が行われ開宴となった。本場ブラジルや浅草のダンサーによるサンバが披露されたり来賓でもアントニオ古賀氏のギター演奏などで場内は大いに盛り上がり、さらに豪華プレゼントが当たる抽籤会では大きな歓声があがるなど、会場は夜遅くまで賑わいを見せた。


null