null

(株)アジュバンコスメジャパン(中村豊代表取締役社長)は1月29日(日)、神戸市中央区のANAクラウンプラザ神戸で2011年度の「全国代理店会議」を行った。
挨拶に立った中村社長は「皆様のご協力のお陰で今年の1月創業20年を迎えた。美容業界のことは一切分からず、やみくもに我々の商品を世に出したい、との願いだけでスタートし、代理店の皆様に一つひとつ教えていただきながらの20年だった。今後も勉強、勉強ということでやっていきたい。また今年7月、東京証券取引所へ2部上場申請を出す。早ければ年末には結論が出るだろう。上場の意義は、「公明正大にした会社経営を行い、皆様からの信用を得る」「人材育成」「将来に対する投資(よい商品を作り、良い情報をいち早くお伝えする)」と考えている。これからも美容界が発展できるよう、微力だがお役に立ちたい。」と述べた。
次に松井健二常務取締役が2011年度事業報告、2012年度事業計画を発表。2011年は、純売上高伸張率105.8%、ACS登録760軒増、MAP契約30軒増の見込み。2012年度は営業テーマを「選択と集中」とし、営業方針は、顧客の創造・顧客の固定化、カウンセリングの徹底、知識・技術習得の強化、年間販促計画の活用推進、と発表。次にRe:>>>シリーズリニューアル(5月1日)背景、Re:>>>プラチナムプラス(5月1日)新発売背景、Q&Nメンズシリーズ(11月1日)新発売背景について触れた。
続いて、新商品の詳細、コンプライアンスについて、各担当より報告の後、終了。懇親会に移った。