今シーズンのスタイルは、極端な個性と異端の美しさを称え、60年代に影響された蛍光色の服は締まった体に張り付き、ウェット感のあるスパンコールの付いたドレスはブロンディ全盛期の頃のデビー・ハリー(デボラ・ハリー)を思い起こさせる。カモフラージュのケープは色の万華鏡の中に組み合さている。

シザーオーバーコームの「バズ・カット」された部分はタフで鋭いスタイルを獲得し、長めの擦り切れたパネルまたは短めのディスコネクションの挑発するような長さと並置され、サスーンのジオメトリーカットに新たな力強さを与えている。洗練されたショートヘアーの一片一片が、内側のシェイプの相違点を切り離すように作用し、テクスチャーの変化を創り出している。ウィーブカット(ウィービングカット)とマルチチャネリングが均一性を解体し、新しいフィーリングを手に入れている。

カラーは楽しいほどに多様性に富み、つや消しと輝きのパターンの全てが、今シーズンでは役割を果たしている。不規則なカモフラージュの部分がコーラル、パウダーブルー、チャコールグリー、そしてシルバーの類まれなミックスの中で頭の上方に向かってグラデーションしている。これら「シェイプ・オン・シェイプ」の部分は、クールで柔らかいホワイトブロンド、暖かいカッパ―とクールブラウンのベーストーンを対比させている。

ヘアーとアートの出会い、これこそがサスーン。

サスーン最新コレクションは、アーティストの最もアバンギャルドなところからインスピレーションを得ている。「都市」は哀愁を帯びたメランコリーの季節の後、蘇り、新しいネオンの照射が歩道の割れ目を突き抜け、アナーキーの精神が自由になる。
ニューヨーク・ダウンタウンの、80年代の若者文化を世界のキャットウォーク界へと押し上げたスティーブン・スプラウス、ストリートアートを崇高な文化へと昇華させたグラフィティの巨匠キース・へリング、バズ・カットの考案者で謎多きヘアスタイリスト、クリスティアン。彼ら3人のパイオニア、そして夢想形が一緒になり新しいビジュアル言語を創り上げ、それが80年代の雰囲気をまとめ、今日のポップカルチャーに影響を与え続けている。

Creative Direction: Mark Hayes
Haircuts: Bruce Masefield and the Sassoon Creative Team
Hair Colour: Edward Darley and the Sassoon Colour Team
Make up: Daniel Koleric
Photographer: Colin Roy

null

null

null

null

null

null

null

null

null

Echo Centre