null
↑セミナーで「主治美」について語る関口雄二FACE DECO代表

 4月16日(水)、東京・代官山のゲストハウス鳳鳴館を会場に、株式会社美好屋商店(山崎有里子代表取締役社長)主催のセミナー「MIYOSHIYA OWNERS’ COLLEGE 2013」が行われた。同社が美用用品ディーラーとして、今年1年どのような思いで取引先サロンに向けて活動していくかについて伝えていく場としても開催されたもので、サロン関係者のほか、メーカー、問屋担当者も含めた約100名の参加者に向けて、3名の講師によるセミナーを通して提案が行われた。
 セミナーはまず、国内航空会社各社の客室乗務員を経てそれぞれの会社で人材、接遇教育や地上勤務を経験し、東京・青山の美容室でレセプション経験も持つMAIさん(CONCERTO・コンチェルト代表)が、美容室における接遇・おもてなしの考え方や実践法について語った。
 次に、弊社「美容と経営」編集長の金子加津彦が取材を通して集めた消費者の声やアンケートも披露しながら、消費者が求めている美容室、美容師像、具体的な技術やサービスについて紹介を行った。
 最後に埼玉・所沢に本店を置くFACE DECO代表の関口忠雄氏が、自ら提唱し実践してきた「主治美」をコンセプトにした技術、サロン業態について説明。実家が理容室で自らも理容師と美容師の両方の免許を持つ、自らの技術者としてのスタートから掘り起こし、お客様にとっての技術やサービス、ヘッドスパやエステ、ブライダルも含めたトータルな美容の必要性と、それを業態として具現化した主治美サロンの展開について語った。
 セミナー終了後にはコミュニケーションパーティーが催され、豪華景品の抽選会も行われるなど、和やかな雰囲気の中で参加したメーカー、問屋、サロン関係者と同社社員を交えた情報交換、交流がはかられた。