株式会社ナプラ(武田政憲代表取締役社長)は6月30日(月)、東京・千代田区の帝国ホテル東京において「第十四回代理店会議」を開催した。

冒頭、武田政憲代表取締役社長の挨拶では、創業100年への通過点と受け止め60周年を迎えた今年をひとつの節目として、今後の抱負などが語られた。
今期は昨年対比13%アップの売上高129億1〜2千万になる見込みで、今後もサロンにとって競争力のある商品を展開。5月に開催された“DREAM PLUS”は、創業60周年だからという事だけで開催したのではなく、来年、再来年と継続して行い、離職率が高いといわれている美容業界へ、夢が語れる、若手が育つ業界になるべく全力で投資をし、明るい美容業界にしていきたいという思いが語られた。また製品に関して、刺激やニオイが少なく、色の入りがいいオーガニックカラーが一ヶ月につき約40万本出ている中、施術時間が少し長いという点に対し、更なる要望に応えるべくオーガニックで時短を叶える製品として9月に登場となる「ケアテクトOGクイックカラー」を紹介。加えて「ケアテクト トリートメントリタッチ」の研究・開発背景の説明、「ケアテクトOGファッションカラー」の新色、ストレート剤を徹底的に研究・開発し登場した「FAVE」などを紹介した。更に徳島工場に関して、2012年の日本の河川(109水系866地点)水質調査結果について2013年8月2日に発表された、有機物汚染の目安となる生物化学的酸素要求量(BOD)の平均値が最も低くてきれいな1級河川・穴吹川に対し、先月完成した廃液処理設備で今後も環境保全に取り組み社会貢献していく事が語られた。

続いて、武田政彦専務取締役より政策テーマと活動方針が発表された。
2014年7月決算予想値として売上高が129億になる事を改めて発表。営業体制は、全国12拠点を超える支社・ナプラスタジオと、125名体制となった営業及びインストラクターの増員、新たに1000坪の土地を購入し設備投資を行うことにより営業面・製造面の体制強化をしていく。販売商品に関しては、ヘアカラーは年間1800万本突破(最大出荷月は180万本)し、オーガニック・エイジングケア商品など12種類の新商品発売でサロン売上貢献の高いメニューを随時展開。イベント活動は、ナプラ60周年イベント “DREAM PLUS”において約1万人の美容関係者が参加、THE FUTURES/LOVELY GIRLS NIGHTのクラブヘアショーには総計3000名の美容師が参加し、若手美容師の夢を応援する活動が支援されていると考えている。
以上の事を踏まえ政策テーマ・活動方針を、美容師の夢を応援し“美容業界の共通価値の創出”として、その概念をベースに活動していく事を発表。戦略として企業の利益と社会の利益を一体化・共有し、共通の価値を追求していく。
“美容業界の共通価値の創出”には、(1)オーガニック・健康志向のニーズに応える、高品質で高コストパフォーマンスの、一貫してナチュラルハーブ・オーガニック成分を主体とした商品群の提供(2)ナプラスタジオでの講習に加え、サロンが潜在的に求めている人材育成・教育ニーズにナピュールブランドを通して応える教育カリキュラムの提供(3)美容の価値を高め可能性をひろげる、夢ある美容業界の発展を支援するイベントの提供し、より広い情報の発信、美容学生からサロンオーナーまで美容の可能性を感じる価値向上に努めていく、といった3つのテーマに沿った活動を行っていく。また同社の提供価値として目標ステージの提供を、2015年春、未来の美容師の夢に繋がるイベント「DREAM PLUS 2015」(ドリームプラス2015)を日本武道館において開催する事が発表された。

続いては、大阪支社・西山宝結営業部長からは、商品ライナップの案内が行われた。
高齢化社会が進む日本市場において、安心・安全でナチュラル志向を求める声がますます高まる中、それらを踏まえたプロダクツ政策となっている。内容は次の通り。
■時代、流行、ヘアスタイル、嗜好ニーズなどの微妙な変化に細やかに対応するため2色の新色ニューラインを秋冬に向けて提案する「CARETECT OG COLOR」は、14ライン全45色となって、より幅広い提案が可能となる。
■アクティブシニアを輝かせるオーガニック クイックカラー「CARETECT OG QUICK COLOR」は、従来のカラー剤の放置タイムを大幅に短縮し、お客様の時間都合により柔軟に対応でき、全15色のラインナップ。
■サロンカラーとの併用が可能な「CARETECT TREATMENT RETOUCH」は、昨年登場したポイントリタッチやサロン内でのナプラカラー剤の施術とのリンクにより、今まで以上の新たな提案、サポートができる全3色(ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン)が揃う。
■4つの特徴((1)時間短縮(2)やわらかさとしなやかさの質感(3)ダメージレス(4)ニオイの軽減)を持った「FAVE STRAIGHT」は、ストレートのニーズの多様化に応え登場。
■「IMPRIME PREMIER REPAIR」は、様々な世代に提案できる持続性にこだわったシステムトリートメント。
■「NAPUR Series ミーファ フレグランスUVスプレー」(SPF50+/PA++++)は、シンプルで上品に髪、肌を紫外線から守る。
■「BIJOUROI」は、ダメージ・エイジングなどで失われがちなツヤ感を補い自然で美しい髪へと導く3タイプが揃い、なりたい質感に応じてセレクトができる。
■リニューアルされた「Colla’s&PLAVEAM Recipe」(ヘアートリートメント/パウダータイプ・リキッドタイプ)は、しっかりした効果を感じられるプラスオンメニューの提案を可能にする。

更に「NAPUR Series NAPUR ORGANICS」に関して、大阪支社の廣田雅人課長から詳しい政策発表が行われた。
もっとオーガニックを楽しんで好きになっていただきたいとの思いから“Love and enjoy organics! ”をテーマにコンセプトを考案。日本人の一人ひとりの髪質に応じたエイジングケア対応の、オーガニックにケミカルを融合したハイブリットヘアケアを研究・開発された製品。髪の内部から髪質に合わせた保湿が可能なヘアケアラインアップを紹介し、充実した教育サポート内容が説明された。習得できる能力を技術・営業スキル・管理に分け、それぞれの分野において必要な技術を外部研修も利用しながら習得し、カリキュラムを通じて一人ひとりの“人間力”を高めていくサポートを行っていく。また、ナピュール事業部設立し、商品管理・新商品開発、サロンへ提案、不正販売への対応、ブランドサイトの立ち上げなどの取り組み、さらに今後の発売予定商品が詳しく紹介された。なおナピュールオーガニックス導入サロンは、発売から現在まで8ヶ月で268件、今期末までの目標としては600件としている。
全営業125名の紹介に続いて「『孫子』とビジネス戦略〜成功し続ける企業、リーダーは何を考えているのか〜」をテーマに作家の守屋淳氏のセミナー、懇親会が行われた。