7月28日(月)、株式会社きくや美粧堂(代表取締役社長 増保利行)は、新潟県新潟市NIIGATA LOTSにて『LOOP 2014 in NIIGATA』を開催した。
 開催に先立ち、増保利行代表取締役社長は、「信越エリアではじめてのLOOPを開催できたことは大変うれしいこと。今後も新潟のサロンの横のつながりをもってこのエリアを盛り上げていきたい」と挨拶した。
 国際ビューティモード専門学校によるオープニングアクトの後、サロンによるコラボステージへと進んだ。出演者へのインタビュービデオが流れ、サロンコンセプトや美容師という仕事の魅力が語られた後、ステージが始まった。1st ステージは、八木野裕介氏、池田幸子氏(共にRicci)、幸田佳澄氏、馬場勝宣氏(共にbhoozwoo shift)の各スタイリストが登場。テーマは『花火』。2nd ステージは、テーマ『LIFE×ING』。岩名理代氏、羽賀奈津実氏(共にbelle cheveux deux)、松屋翔子氏、新井裕行氏(共にSweet Life)がそれぞれスタイルを展示した。続いて3rd ステージは、星山克哉氏、江口恭平氏(共にOKURA)、さとマメ氏、五郎氏(共にOre’s HAIR BE GLaD)が、『NATURAL』をテーマに展示。
 ファイナルステージは、『SUPER GIRL』をテーマとし、女性が憧れを抱く「もう一人の自分」を、スタイリストの持つ技術と感性を駆使して引き出した。コラボステージで登場した6サロンから1名ずつスタイリストが登場し、森の妖精を連想させるようなふんわりとしたパーマスタイルや、花嫁を思わせるハレの日のアップスタイルなどを創り上げた。スタイリストたちはモデルをスタイルアップしながら、デザインのポイントやテクニックなどを解説。ステージ上のスクリーンにはスタイリングの様子が映し出され、客席の目を引きつけていた。
 最後のオールフィナーレではスタイリストとモデル全員がステージに登場。個性豊かなパフォーマンスを見せた出演者たちに惜しみない拍手が贈られ、アットホームな雰囲気のまま新潟初開催のLOOPを終了した。


挨拶をする増保利行代表取締役社長



各ステージで個性豊かなパフォーマンスを展示した。