9月8日(月)、滝川株式会社(滝川睦子代表取締役社長)による第43回タキガワトレードフェアが、東京・台場のホテルグランパシフィックLE DAIBAを会場に盛大に開催された。
今年は、「トータルビューティサロンの具現化」をテーマに、出展メーカー152社と滝川(株)による製品展示や体験ブースが展開され、321社661名のディーラー関係者の来場となった。

 午前10時のテープにカットに先立ち挨拶した滝川社長は、「今回は特に、今年は出展各社にサロン様のメニュー提案や商品への落とし込みについて、より新しい具体的な情報提供をお願いした。各社の提案を参考にひとつでも多くの商談に結び付けていたき、サロン様のお役に立てるよう持ち帰っていただきたい」と語った。
 この後、滝川社長、滝川晃一会長、森伸行副社長、滝川裕史副社長によるテープカットを合図に開場となった。

 会場内には、ヘア、ネイル、メイク、フェイシャル、エステなど中心に、その周辺製品や商品情報のほか、滝川?が提案する光ライト脱毛や、各種器具や設備、美容室で可能なネイルなど、トータルビューティを叶える幅広い展示と、サロンに導入する上での具体的なイメージとノウハウの提供が行われた。
 会場では終日、来場者と出展各社との活発な商談が交わされたほか、「美容室ネイル」などの体験コーナーには、多くの来場者が足を止め体験づるなど、関心の高さが表れていた。
 
  トレードフェア終了後、午後7時から謝恩パーティも催され、滝川睦子社長が改めて挨拶。鏡割、田尾大介株式会社アリミノ代表取締役社長の乾杯の発声で、600名を超える参加者の情報交換、懇親がはかられた。