資生堂プロフェッショナル株式会社(花田浩三代表取締役社長)は9月1日(月)、東京・銀座の資生堂ビル ワードホールにてザ・ヘアケア「キャビアエッセンス」発表会を開催。

冒頭、井川和郎経営企画部 マーケティング室長が挨拶、最新のスキンケアから生まれた資生堂独自技術による“キャビアカプセル”をヘアケアに採用し、毛髪補修成分を新鮮な状態で髪の深部まで届け、根本から美しい髪へ導くアウトバストリートメント「キャビアエッセンス」の発売を発表した。また毛髪補修効果を実感できるアウトバストリートメントとして、この新製品を皮切りにザ・ヘアケアシリーズのプレゼンスを高めていく抱負を語った。

続いて、開発担当責任者の大矢淳子氏(株式会社資生堂 プロフェッショナル グローバルマーケティング部グループリーダー)が詳しい製品紹介を行った。ザ・ヘアケアシリーズは、2011年2月のアデノバイタル発売に続き、カラーヘアの美しさを際立たせるルミノジェニック、ダメージケアのアクアインテンシブ、頭皮ケアのフェンテフォルテ、くせ毛をまとまりやすくするスリークライナー、サロンで極上の美髪ケアを叶えるサロンソリューションと様々なニーズにサロントリートメントとホームケアで応えるライン。今回、ユーザーが求める髪のダメージ補修・潤いなどの期待と、ハリやコシが出ないなどと言ったそのギャップを解消するための検証を重ね、同社独自のスキンケア技術を応用することで毛髪改善効果を集中的に高めた、新しい発想のアウトバストリートメントを開発することに成功した。有効成分を濃縮して配合でき、紫外線や空気で劣化しやすい成分をフレッシュなままキープし、ヒアルロン酸等からなるリペアフィルムが髪を保護し効果を持続させる“キャビアカプセル”と、ジェルのベース処方が髪の質感を整える。アミノ酸・ペプチド・10種類以上のビタミン・5種類以上のミネラルなどがふくまれている新毛髪補修成分・加水分解酵母エキスも共通配合された「キャビアエッセンス」は、ニーズや髪の状態に合わせて選べる以下の3タイプが揃う。
(1) 枝毛補修成分やパサつき改善成分が配合されたアクアインテンシブ
(2) カラーダメージを補修し、ツヤを向上させ毛髪に潤いを与える成分が配合されたルミノジェニック
(3) 毛髪柔軟成分、熱ダメージで失われるたんぱく質を補修する成分、湿気による広がりを防止する成分など配合のスリークライナー