1月8日(金)、東京・品川区の東京マリオットホテルにて「山野グループ合同新年会」が開催された。山野美容商事株式会社、株式会社ヤマノ、株式会社ヤマノビューティメイトグループ、株式会社ビューティトップヤマノ、学校法人山野学苑、一般社団法人国際美容協会、株式会社ヤマノホールディングス、C&CIヤマノ株式会社、株式会社ヤマノエンタープライズの関連法人幹部、社員のほか、同グループと馴染みの深い取引先、各界関係者など約440名が出席し、新しい年のスタートを祝った。


 冒頭、山野正義(学校法人山野学苑総長)、山野彰英(株式会社ヤマノホールディングス会長)、山野景章(山野美容商事株式会社代表)、山野博敏(株式会社ビューティートップヤマノ会長)の4氏が登壇。代表して山野正義氏が挨拶し「本日はたくさんのご来賓をお迎えし新年の寿ぎを行えることに、山野グループ全員を代表して、また4兄弟を代表してお礼と感謝の言葉を申し上げます」と語り、来賓として幼い頃からの知己がある、元外交官で駐米大使を経て現在は国際海洋裁判所所長も務める柳井俊二氏夫妻、第一法規株式会社代表取締役会長の田中英雄氏夫妻を招いていることを紹介。共に今年80歳を迎えることも披露しながら、家族、友人、仲間を大切にしてきた歩みを語り、改めて感謝の言葉を述べた。また最後に、増上寺の絵馬に小判を数える2匹の猿が描かれていたエピソードを披露しながら「日本ではお金の話をすると下品だと見られるが、お金が大事なことは事実。2016年は365日、お金を数えることが仕事だと自らに言い聞かせながら努めていく」と、新年の決意についても語った。


 引く続き、故・山野治一・愛子夫妻の孫世代が2011年にいとこ会としてスタートし、現在山野グループ会となっているメンバー10名が登壇し、山野愛子ジェーン氏(学校法人山野学苑理事長)、山野礼央氏((株)ヤマノ取締役社長)、山野幹夫氏((株)ヤマノビューティメイトグループ社長)、山野義友氏(?ヤマノホールディングス社長)、山野光夫氏(ヤマノサロンオブビューティー支配人)、山野純治氏(?ビューティトップヤマノ社長)、山野 晃(AKIRA)氏(C&CIヤマノ株式会社社長)、山野 勉氏(株ヤマノエンタープライズ社長)の8名が それぞれの事業の実績、今後の活動方針などについて報告。グループの結束力と3代目としての決意と抱負を示した。
 この後、グループ各社の永年勤続表彰をはさみ、冒頭で紹介された柳井俊二氏がこの日の来賓を代表して挨拶。さらに、株式会社アリミノの田尾大介代表取締役社長による挨拶と乾杯の発声に44の卓を囲んだ列席者が唱和し合同新年会は開宴となった。
 途中、サイレントコメディのデュオ「が〜まるちょば 」のステージや、豪華プレゼントが当たる抽せん会などで大いに湧き上がったほか、アントニオ古賀氏のギター演奏や歌と踊りに会場全体が参加する盛り上がりを見せる中、グループ各法人とも次世代へのリーダーシップの移譲と結束力を改めて鮮明に示した夕べとなった。