株式会社フジシン(遠藤一徳代表取締役社長)は1月9日(土)、東京・新宿区の京王プラザホテルにて、「2016 年F’s GROUP新春懇親パーティ」を開催した。同社と株式会社ビューティソフト開発(立花正虎代表取締役社長)、株式会社フジシン北海道(吉本登充代表取締役)、株式会社ティー・エス・ビー・フジシンの社員を集め2016年の方針発表を行った後、取引先問屋、メーカーなど約57社の関係者を招いて開催したもの。総勢約360名が卓を囲み、新しい年に向け交流をはかった。


 冒頭で挨拶した遠藤社長はまず「2015年1月〜12月期はグループ全体で前年対比5%の伸張となりました。これも、皆様方のご協力のおかげと改めて感謝を申しあげます」と挨拶。続けて、2016年の活動テーマとして「Real Worth〜本物の価値〜」を掲げ活動していくことを説明し、そのために特に原点である「教育」を強化し、サロンと共に伸びていくていく方針について語った。そして「本日おいでいただいた各社の皆様にも、ぜひサロン様にとって真に価値ある製品、サロン様がお客様に本物の価値を伝えることができる商品、情報の提供に共に協力をお願いします」と結んだ。
 続いて来賓として、日本ロレアル株式会社・ジェローム・ブリュア代表取締役社長、株式会社アリミノ・田尾大介代表取締役社長、資生堂プロフェッショナル株式会社・兵沢清美代表取締役社長、滝川株式会社・滝川睦子代表取締役社長らが挨拶に立ち、それぞれに、「Real Worth〜本物の価値〜」というテーマについて、「強いブランド力」、「行動しないと結果につながらない」、「メーカとしての高品質、高付加価値の追求」、「サロンでしか得られない技術メニュー、サービスの開発」などの言葉を挙げながら、協力していく姿勢と祝辞を述べた。
 乾杯の挨拶と発声を日本ロレアル株式会社・ジャン-マルク カズナーブ副社長兼プロフェッショナル プロダクツ事業本部長が行い、懇親会は開宴。それぞれの円卓に供される食事と飲み物を楽しむと同時に、多くの参加者が積極的に会場内を回り交流。各種表彰、昨年度入社社員、今年新卒の内定社員の紹介なども交えながら、盛り上がりを見せた。

 最後に中締めの挨拶に立った立花正虎副社長は、懇親会に先立つ方針発表会で2016年は9.8%伸張を目指し、そのための社員一人ひとりの活動を「組織」「スピード」「結果」といったキーワードで確認したことを紹介。改めてグループ全体として決意と抱負を示し、閉会となった。