null

高津理容美容専門学校(古武一成理事長)は3月9日(水)、大阪市天王寺区の大阪国際交流センターで、2016年度卒業式を挙行した。
まず卒業証書授与、賞状・賞品授与が行われた。次に古武理事長が登壇し、「これから皆さんが職について社会人として世に受け入れられることは素晴らしいこと。皆さんが受けてきた教育は今日の日のためにあったと言える。社会人とは、お金を稼いで自立した人間として社会で生きていく人のこと。稼ぐためには人々の役立つ行動をしなくてはいけない。貴方達はまだ自分自身の中に売れる商品、技術を持っていない。それは実践でサロンの必要に応じて身につけるべきと考える。むしろ今必要なものは、その基本となる仕事を行う時の態度、姿勢。明るく、元気で慣れない仕事にも積極的に取り組む姿勢に魅力を感じる。仕事中に明るさや元気さが表に出るように表現する、という態度の方が大事。また収入を得るための義務と責任は、サロン、事業所、お客様に対して果たさなければいけない。感謝の心を新たに職業生活を充実させて信頼できる社会人の目指してもらいたい。」と結んだ。
また高津ライフケア専門学校が今年3月で閉じることも報告された。
続いて、大阪府知事代理、同窓会会長、同窓会副会長などの来賓祝辞、在校生送辞、卒業生答辞、仰げば尊し斉唱の後、閉式となった。