日本ロレアル株式会社 シュウ ウエムラ化粧品 シュウ ウエムラ プロフェッショナル事業部(楠田倫子事業部長)は、3月2日(月)、東京・台場のホテル日航東京にて恒例の「シュウ ウエムラ リーダーズサロンセミナー」を開催した。15回目となる今年は「Coiffeur-Maquilleur(コアフュール・マキュール)〜支持される美容師、繁栄するサロン〜」をテーマに、ヘア&フェイスを実践する美容師=コアフュール・マキュールと置いた提案がなされた。
  第一部ではメイクアップコンテストが開催され、多数の出場者が日ごろの腕を競うとともに、シュウ ウエムラ インターナショナル アーティスティック ディレクターの打出角康氏が2009年の春夏モードメイクアップ「Impressionism-印象主義」を、華麗なテクニックで披露しながら解説した。

 第二部のリーダーズサロンセミナーは楠田事業部長の挨拶に続いて、故・植村秀会長と親交が深かった料理研究家の山本麗子氏によるゲストセミナーが行われ、同社プロフェッショナル プロダクツ事業部 広報本部PRグループマネージャーの安尾美由紀氏を相手に、故・植村秀会長との思い出や仕事に対する思いや人生観などについてさまざまなエピソードを交えて語った。
 この後、マーケティング部の岡本典子部長が2009年施策メッセージを発表。「コアフュール・マキュール 2009」と置いて、支持される美容師、繁栄されるサロンをめざすための、顧客育成プラン、新製品計画およびキャンペーン計画、販促や教育・トレーニングのサポート計画などについて説明した。
第三部は懇親パーティーとなり、代理店、サロン関係者など多数が出席し親睦がはかられた。