メサゴ・メッセフランクフルト株式会社(広瀬明洋代表取締役社長)は5月に開催される「ビューティーワールド ジャパン 2009」の記者発表を3月5日、港区六本木のレストラン、チャオベッラにて開催した。
 冒頭広瀬明洋社長は「昨年の開催は”信販問題”などエステティック業界固有の問題に見舞われたが今年はさらにアメリカ発の金融危機が重なった。厳しい状況ではあるが、エステティック業界は輸出に頼らない内需産業。お陰さまで今開催も今のところ出展者数など昨年と比しても遜色のない規模の申し込みをいただいている。過去最高の来場者を記録した昨年の数字を更新したいと思っている。皆さんのご協力をお願いしたい」と挨拶した。
 続く詳細の説明では新村紗央理プロジェクトマネジャーから、現時点で世界19カ国、600社の出展、53,000人の来場を見込んでいることや、初参加のスペイン、シンガポールを含む10カ国がナショナルパビリオンを出展することなどが報告された。今開催からは会場レイアウトを製品カテゴリ別にゾーニングし、来場者がブース・製品を探しやすいよう新設のメディカルエステティックゾーンなど、12のゾーンに分けた。また、前年まで中日にしか開催しなかった日本ネイリスト協会主催の「国際ネイルフォーラム」を3日間開催とし、CIDESCO日本支部や、日本エステティック機構の特別イベントも併催。来場動機としても高いという出展者プレゼンテーションや4本のメインステージセミナーも予定されている。

「ビューティーワールド ジャパン 2009」開催概要は以下の通り
会 期 2009年5月18日[月]〜20日[水]
会 場 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東3・4・5・6ホール
主 催 メサゴ・メッセフランクフルト株式会社
入場料 ¥3,000(但し、出展者、業界関係者には招待状を無料配布)
開催時間 午前10時〜午後6時(最終日は午後5時まで)
詳細、出展問い合わせ
ビューティーワールド ジャパン2009


広瀬明洋代表取締役社長
挨拶をする広瀬明洋代表取締役社長