株式会社727化粧品(宮副洋取締役社長)の代理店組織である全国セブン会総会が11月10日(木)、京都市下京区のリーガロイヤルホテル京都において、会員ディーラー代表者を集め開催した。
総会は、議長に全国セブン会・延金雅雄会長(美容商事アイチ(株)社長)が務め冒頭、挨拶に立った宮副社長は、自然災害による被害が大きかった年である。また、オリンピックの開催年で若い選手の活躍と、日本人のノーベル賞受賞と嬉しいニュースも聞こえてきた。平成28年度は、2社の新会員ディーラーが加わり114社になった。また平成29年度の入会予定に2社がオブザーバーで出席していることを伝え「平成29年度の事業目標は、傾聴・納得する心で、根気と気力を持って、目標貫徹の年。専念期とした。業界が発展するには、代理店様が主導権を持ってサロンを引っ張ることが第一です。そのため根気、気力を持ちサロン様を説得していただく。また定期的にサロン開拓をしていただきたく本年の企業目標とした。これに関連して組織変更、人事変更を行った。変更部署は、営業部の名称を第一営業部、第二営業部、ビューティソリューション営業部とした。新しい事、代理店開発、サロン開発を今まで以上に行うには、改めて地固めをしなければならない。第一営業部は現在の4支店から6支店体制に変更した。第2営業部は支店です。さて世界情勢はめまぐるしく変化を遂げている。こんな時こそ地に足のついたサロン経営が必要です。今後、日本では超高齢化社会が進む。個人経営の良さすなわち、気楽に、気軽に、気兼ねなく来店いただけるサロンが重要になる。お客様が安心して来店いただけるヘア&フェイス サロンに専念して、地域で愛されるサロンづくりをお願いしたい」と述べた。引き続き、営業部方針を久木田敏彦部長が「現状維持にとどまらず変革を起こして欲しい。新規サロン開拓とスクール参加で売上はアップする。ディーラー、サロン、727が三位一体になって目標設定と達成を目指しましょう」と発表し、販促制度に関して藤原泰浩支店長が発表した。この後、少人数のグループに分かれ2016秋新製品発表のシャスニー クイック クレンジング、シャスニー エッセンス クレンジング、どろパック フェイスウォッシュ(洗顔クリーム)を手に取り従来品との違いを体験した。
休憩をはさみ記念講演では、日本ガードサービス株式会社の代表取締役・市川善彦氏が「逆境が人を育てる」とテーマに、大小ではなく強い会社を創るコツを自分の体験談を交えながら成功への道を紹介し終了後、懇親会に移った。