日本美容専門学校(網倉卓爾理事長・阿部博人校長)は、3月9日・10日の2日間 NICHIBI Graduation Stage 2017「専門18期ヘアショーと音楽特別授業」を東京・渋谷区の全労済ホール スペース・ゼロで開催した。
 このイベントは同校の校是である"美の実践者"を目指す2年間の学習の集大成となる同校最大のイベントで、4グループに分かれた専門18期の今春の卒業生が1日2グループ、2日間で4グループに別れヘアショーを行う。両日とも在校生・保護者・関係者など250名を超える観客を集め、会場は満員となった。
 ことしのテーマは「real×avantgarde」。第一部は音楽美学特別授業として行われ、筝奏者の榎戸二幸さんとフルーティストのyumiさんという和洋の楽器奏者の組み合わせで、二つの楽器が奏でる化学反応を楽しんだ。
同校教員のクリエイティブリームによる今シーズンのスタイルが映像で紹介された。
  第二部は今回卒業する学生による最後の授業としてのヘアショー。ヘア、メイク、衣装構成、演出、映像、音響、などすべて学生の手で作り上げた。テーマである「real×avantgarde」からそれぞれ、「UGCS」「HOW TO USE?」「N」「タロウ」というコンセプトに落とし込んだステージを披露した。
  どのステージも学生たちがそれぞれに美容への情熱が感じられ、迫力のあるステージに観客は喝采を送っていた。

null
筝奏者の榎戸二幸さんとフルーティストのyumiさんによる演奏

null
専門科18期生によるヘアショー