ヴェールルージュ美容専門学校(佐守友博校長)は4月6日(木)、大阪市中央区の大阪市中央公会堂で平成29年度の入学式を挙行した。
挨拶に立った佐守校長は「入学おめでとうございます。学校では知識や技術だけを教わるのではなく、社会に出た時に通用する常識や社会性も身につけてもらいたい。その為には全ての授業が必要となる。今、不安やわからないことがあると思うが、2年間で生涯の友と呼べる人に出会えるかもしれない。ゆっくりとしっかりと自分の決めたことを守っていく。やさしいようで難しいが自分の決めたこと守り、2年間という長いようで短い時間を過ごしてほしい」と式辞を述べた。
次に岡田理事長が登壇。「入学おめでとうございます。今までの勉強は点数を取るための勉強。これからは、美容師を夢見た皆さんに必要なこと。全てが自分のためになること。同じ国家試験を突破するための友。正義、友愛、奉仕2年間で学んでもらいたい。2年間は短い、充実した2年間を送ってほしい」と激励した。
続いて、2年生代表による歓迎の辞、1年生代表による入学宣誓の後に閉式となった。