株式会社アリミノ(田尾大介代表取締役社長)は4月11日(火)、東京・恵比寿のザ・ガーデンホールにて「2017年度アリミノ方針発表会 東京」を開催した。冒頭、田尾社長は、「2016年度の売り上げは厳しい数字ではあったが、3年前に発売のストレートパーマ系『クオライン』が順調に伸び、グレイカラーの1DAYセルフケア『ポイントコンシーラー』は品切れになる程の好評で、業界初のインナーケア『ビューティスムージー』は一億近い数字を上げ今後の可能性を感じる商品であることを報告。今年は、“もっと感動”をテーマに、お客様の笑顔のために。美容師の仕事をまい進する美容師一人ひとりのために、感動あるサロンづくりをサポートしていく」と述べた。 





 続いて、佐藤泰基常務取締役営業本部長が2017年度の営業戦略について解説した。具体的には、感動あるサロンづくりのために3つを軸にして個店に合わせた提案で、(1)「デザイン力のある若手スタッフ育成」(2)「サロン店販を革新する製品展開」(3)「サロンコンセプトを基にした情報発信」を基本とし、この業界が明るく元気になれようにサポートしていると語った。引き続き小林泰子経営企画部部長より、前述の3軸に沿って新商品発表も行われた。また、株式会社ケンジ代表取締役社長西山和平氏による特別講演が行われた。
 その後、懇親会が催され、田尾圭介専務取締役の挨拶と乾杯の音頭で開演となった。