装束イベント・源氏物語『産湯・鳴弦の儀』/衣紋道高倉流東京道場・学校法人 国際文化学園

衣紋道高倉流たかくら会東京道場(荘司礼子会頭)・学校法人国際文化学園(平野徹理事長)は、3月28日(火)、東京都渋谷区の明治神宮参集殿において、装束イベント「源氏物語『産湯・鳴弦の儀』」を開催した。
平安時代から公家社会では皇子・皇女が誕生した際、邪気を祓い健やかな成長を祈願するため、御子が産湯で入浴している間に漢籍を読み、弓の弦をひいて音を鳴らすなどの儀式『産湯・鳴弦の儀』が行われている。
このイベントでは、衣紋道高倉流・仙石宗久宗会頭の監修のもと、この源氏物語に由来する『産湯・鳴弦の儀』を再現し、さまざまな色目の十二単や男性装束など数多くの平安装束のお服上げを披露。なかなか見ることできない装束を一目見ようと集まった約400名の観客は、華麗な宮廷絵巻を堪能した。