全日本美容業生活衛生同業組合連合会(以下全美連・吉井眞人理事長)は5月25日(木)、東京・代々木の美容会館9階ホールにて「平成29事業年度 第74回通常総会」を開催した。
 冒頭、衆参国会議員をはじめ厚生労働省、日本政策金融公庫関係者が来賓として挨拶し、日頃の公衆衛生向上に資する活動に謝意を述べるとともに、美容業界のさらななる発展に向けた全美連の活動に引き続き協力していくことをそれぞれが誓った。
 組合員増加プラスワンキャンペーン表彰を挟み、総会議事に移り、第1号議案「平成28事業年度事業報告の承認に関する件」、第2号議案「平成28事業年度収支決算書、貸借対照表、財産目録及び剰余金処分案の承認並びに監査報告に関する件」、第3号議案「平成29事業年度事業計画(案)の承認に関する件」、第4号議案「平成29事業年度賦課金の額並びに徴収時期(案)の承認に関する件」、第5号議案「平成29事業年度収支予算(案)の承認に関する件」、第6号議案「全美連補欠役員の選任に関する件」、などのほか、関連資料に基づく説明報告が行われ審議。すべて全会一致で承認された。
 なお、この日承認された平成29事業年度事業計画は、(1)組織強化事業 (2)業権確保・規制改革対応業務 (3)経営指導事業 (4)訪問美容事業 (5)衛生管理講習会事業 (6)技能指導事業 (7)技能競技関係事業 (8)広報事業 (9)斡旋事業 (10)共済事業 (11)全日本美容講師会との共同事業 (12)その他の業務 などとなっている。



総会の冒頭で挨拶を行う吉井眞人理事長