オリリー株式会社(大川内昌代取締役事業部長)は6月19・20日の両日、神戸市中央区のANAクラウンプラザホテル神戸において、オリリー製品取り扱いサロンオーナーとスタッフを集め、オリリー マネージメントフォーラム2017を開催した。
オリリー事業政策発表、オリリー営業部からの提案、オリリーが提案する“大人の洗顔”の講演と懇親ディナーパーティ。翌日は、オリリー開発部からの講演、ピアスグループ中央研究所見学、記念講演と2日間にわたり、盛たくさんの情報を発信した。
事業政策発表を行った大河内事業部長は「2017年オリリーマネージメントフォーラムのテーマは挑戦。いま美容室市場は、長期的に厳しい状況にある。その中でオリリー独自に無作為に選んだ300店の美容室聞き取り調査を実施した。そして化粧品店販が、経営を好転させる鍵であると発見。逆境にある今こそオリリーは様々なことに挑戦します」と述べた。調査結果からヘア客が増と答えたのは19%。ヘア客減は37%。その中で経営拡大を考え有効と思われているのは、来店頻度アップ46%、スタッフ増員43%、客単価アップ41%、店販品の拡大36%。今回の調査で顔用の化粧品店販を行っているサロンは、来店頻度アップも客単価も安定していることが判明した。また、店販ビジネスを利益に変える決め手は、全員体制で取り組むこと。そこでオリリーは全員体制づくりに2つのアプローチでフォローする。(1)強いベネフィットをもった魅力的な製品・施術の開発。(2)広告支援テストの開始を行い、販売活動の支援をする。
この後、クリーミィ エッセン フォームを用いた大人の洗顔を、ヘアメイクアーティスト・小椋ケンイチ氏とマーケティング部・竹本結香部長の対談が行われ、そしてエリアグループに分かれ分科会終了後、懇親ディナーパーティに移した。
翌日は、最先端科学を取り入れた機能性の追求と安全性との両立を目指して、をテーマにピアス(株)常務取締役・濱田和彦氏が講演に立ちその後、神戸・ハイテクパーク内にあるピアスグループ中央研究所見学。そして記念講演“大人美人をつくる”メイクアップテクニックをヘアメイクアップアーティスト・山本浩未氏が行い2日間のイベントに幕を下ろした。