null

ハラ株式会社(原弘代表取締役)は6月26日(月)、ホテル日航大阪で「2017年ハラメーカー会」を開催した。
挨拶に立った原代表取締役は日頃の謝意を述べた後、「3年振りにハラメーカー会に参加した。決算が変わって4月1日から53期を迎えるが、前期の売上げは5〜6%伸びている。今日メーカー11社様に商品説明をいただいたが、とても有意義な時間を過ごせた。第1〜第7営業部の全営業部門でいただいた情報を共有し、エンドユーザーに届けたい。今後もメーカー各社と共にさらに伸びていきたい」と結んだ。
次に峰野純治取締役営業部長が登壇し、今年度の方針発表を行った。「53期のビジョンは「絞り込みによる深耕作戦・顧客再構築」。スローガンは全ての始まりの「1」を無限大にする!を合言葉に「1∞=100」「飛躍」とした。
絞り込みとは、原点に返り、ハラ株式会社の長所を理解いただいたうえで、一緒に目標を共有できるお客様(仕入先様)と商売をする意味で顧客再構築を最大のテーマに目標達成にチャレンジするということ。売れる仕組み、情報づくりに全精力をあげ、量から質へ特化した営業活動を行っていく。安売り合戦をするのではなく、弊社ならではの味付けをしてお客様に提案し購入いただく。また成長するために、新市場に対しても積極的にチャレンジする。各部の営業会議に参加いただきたい。」と協力を呼びかけた。
続いて、同メーカー会幹事の野村敏夫副会長が登壇。「弊社は、2015年から中期5カ年計画を実施している。毎年10%伸ばし、5年後には1.5倍にするというものだが、メーカー各社の協力なしでは達成できない。今年も売れる新商品をお願いしたい」とご挨拶。
休憩を挟んで懇親会が行われ、仕入先代表の三口産業株式会社三口雅司代表取締役社長のご挨拶、株式会社阪本高生堂阪本昇次専務代表取締役の乾杯の音頭で宴に入った。
和やかな歓談の中、イリヤ化学株式会社尾崎亮介専務取締役の中締めでお開きとなった。