株式会社ミルボン(佐藤龍二代表取締役社長)は、7月10日、大阪市北区のザ・リッツ・カールトン大阪において、第4回オージュアソムリエ学会を開催した。
冒頭、挨拶に立った(株)ミルボン取締役開発本部・武田靖史氏は「オージュアは、2010年に発売し7年が過ぎた。2013年にソムリエ制度をスタートさせた。現在1,600名を超えるソムリエが活躍している。2014年に第1回オージュアソムリエ学会が行われ今年で4回目。次なる目標に向けて開催している」と述べた。
今回のテーマは“生涯顧客をオージュアで創る”。理想の髪を求めるお客様が、オージュアソムリエを通じていつまでも美しいヘアデザインを楽しみ続けることを目的にしている。
オージュアソムリエ学会では、2組のオージュアソムリエの活動報告と日本最先端毛髪科学の発表。生涯パートナーとしての在り方のヒントを提供する異業種セミナーが行われた。
オージュアソムリエ活動では、三重県鈴鹿市のROSE・鈴木康祐氏、井上菜摘氏の2名が“生涯顧客の入り口”をテーマに、パブリック製品を使用しているお客様に、製品をサロンで購入していただくアプローチ方法紹介。続いて大阪府東大阪市のrush・橋口綾子氏は、長年カットやカラーでデザインを楽しんできたお客様のエイジングが現れ始めた時のヘアデザイナーとしての在り方を伝えた。
最先端毛髪科学の発表は、?ミルボン中央研究所基礎研究グループ総括マネージャーの伊藤廉博士氏が、オージュアバージョンアップにつながる新解明の発表を行った。
異業種セミナーは、全盲でありながら2016年リオデジャネイロパラリンピック初出場にして、走幅跳8位に入賞を果たした高田千明氏と、10年以上に渡りコーチ、コーラー、伴走者を務め挑戦を続ける彼女の良き指導者として支えになっている、大森盛一氏を講師に招き、いくつもの障害を乗り越え生涯パートナーの在り方へのヒントを語った。この後は、会場を移し交流会を行った。