株式会社アリミノ(田尾大介代表取締役社長)は、7月18日(火)、同社本社ホールにて「designer’s DESIGN TOKYO vol.7」を開催した。自由な発想を最大限発揮し、顧客をより魅力的にするという高い志を持ったデザイナーを育成する趣旨のこのイベントは、数サロンの若手スタイリストが旬のデザインを発信するヘア&トークライブ。7回目となるが、毎回美容学生が多数来場している。今回も、300人を超える美容師、美容学校生が来場した。
冒頭、挨拶に立った田尾圭介専務取締役は、来場者に謝辞を述べるとともに、学生に向けて、ステージ上の表現を観て“やりたい”を見つけて欲しいと語った。
出演したのは、blast、unsarto、assort、LUCK HAIR、ABBEY(出演順)の5サロンの若手スタイリストたち。ステージ上での技術パフォーマンスはもちろん、演出や映像、BGMなどを駆使して、自らの発想を自由に表現していた。
トークライブでは、いかにしてクリエイティブな発想を持つかといったことや、美容校生へのメッセージを各々が語っていた。


blastのステージ。テーマは「WONDER LAND」。


unsartoのステージ。テーマは「FROM SAN FRANCISCO TO TOKYO」。


assortのステージ。テーマは「monochrome」。


LUCK HAIRのステージ。テーマは「ALL LESS」。


ABBEYのステージ。テーマは「GOOD VIBES」。


トークライブの様子。