真野美容専門学校(真野英子校長)は7月25日(火)「サマーデモンストレーション2017」を東京都新宿区の同校において開催した。
オープニングステージで6月に行われた校内カットコンテスト上位者6人による作品が披露された。颯爽とウォーキングするモデルたちに続いて6人の学生技術者も登場。拍手と歓声を浴び「サマーデモンストレーション」は開幕した。
1st SATAGEは、『TIECHEL』店長・小野寺タカシ氏が高明度のカラーが施されたモデルでカットの技術展示を行った。同校卒業生である小野寺氏は「技術ももちろん大事だが、挨拶すること、感謝の気持ちが重要」と後輩たちにアドバイスを贈った。
続いての2nd STAGEは、『FEERIE銀座』のトップスタイリスト・菅野あゆみ氏によるヘアメーク。菅野氏は1人のモデルをアレンジし三つの世界を創り上げると、学生たちへのメッセージとして「世界観をイメージすること」と「素直な心を持つこと」の大切さを訴えた。
在校生、高校生などで満員となった会場は、美容の魅力を伝える先輩たちの技術とスピリットに感銘し、熱い視線を送っていた。