全日本美容講師会(野田皆子会長)は9月26日(火)、千葉県浦安市の東京ディズニーリゾート内のアンフィシアターにて、「第102回トップマスターズモード発表会」を行った。
 今回は、前回の『Innovation 』に続き、『Innovation II』をメインテーマにヘアスタイル、帯結びを創作。開催担当は、東京・関東ブロック、および千葉県美容組合。
 冒頭、野田会長は「美容師は公衆衛生をはじめ、様々な面で行政の中で生きている。国家資格があるのは日本だけであり、日本人でなければ(美容室の)経営者になれない。このすばらしい権利を守るためにも、一人でも多く組合員を増やさなければ、皆さんの生活は危ないといってよいと思う」と挨拶。
 ヘアショーステージでは、『My Story』をサブテーマに、チーフの藤本博之氏(東京)、八田康代氏(茨城)、森本公子氏(東京)、水谷吉伸氏(愛知)、岩見吉記氏(奈良)の5名がステージ上で、デモンストレーション。「もっと私らしく」というコンセプトにふさわしい、
モデルの個性や魅力を引き出したショート、ボブ、ロングを披露した。さらに、会場通路にて35名の創作委員が、ロング、ボブ、ショート、それぞれのレングスでバリエーションをスタイリングした。
 続く、帯結びのステージでは、開催地の千葉県をテーマにした『未輝(みき)』『光鱗(こうりん)』の2作品を発表。「未輝」創作担当チーフ 生島雅世子氏(宮城)、西本幸子氏(岐阜)、芝原ミサ子氏(奈良)、「光鱗」創作担当チーフ 酒井カヨコ氏(東京)、羽賀治美氏(千葉)、川路京子氏(鹿児島)の6名がステージ上で華麗に着付けを行った。また最高師範、常任師範、師範の計83名がそれぞれの帯結びも披露した。さらに今回は特別ステージとして、洋装ブライダルプロジェクトメンバーによる、ウエディング〜お色直しのシーンで、ヘア、メイク、衣装すべてをプロデュースしたショーも行われた。
 最後に、千葉県美容業生活衛生同業組合の野村敏夫理事長から、次回開催担当である福岡県美容生活衛生同業組合の井手口宥公理事へとエールの交換も行われた。