HFCプレステージジャパン合同会社 ウエラ プロフェッショナル(金子雅明代表)は、10月5日(木)、東京・台場のヒルトン東京お台場にて、「2018年度 ウエラ プロフェッショナル方針説明会」を開催した。
 開催挨拶に立った金子代表は、まず、イルミナカラーの好調により国内競合シェア2位、カラーカテゴリーではシェアトップとなったことを報告。また同社のカラーカテゴリーマーケット推移の前年対比が104%となったこと、売り上げは前年対比2桁成長を達成したことを伝えた。続いて、シルヴィ モローグローバル プレジデントが登壇し、COTY professional Beautyの方針説明が行われた。
 その後、2017年度WELLA事業方針レビュー報告(松原政寛 販売戦略グループマネージャー)、日本の消費者動向とサロン市場環境(大浦里絵 消費者市場戦略部マネージャー)の説明後、金子代表より2018年度のスローガンについては、昨年に引き続き、“from Beautiful to Wonderful”を掲げ、特にWonderfulに主軸を置き、感動をつくり出す高価値を目指していくことが発表された。 
 2018年度製品戦略については、名倉 愛 副代表 マーケティング戦略統括より説明。「高価値サロンサービス」を通じて、(1)客単価を効果的に高める、(2)サロン内のオペレーションを効率化、(3)サロンのブランドイメージを高める、(4)新規のお客様を魅了し獲得する、(5)お客様の来店頻度を高めるという、サロンの5つの価値向上を実現していくことを宣言。具体的には、イルミナカラー、コレストンパーフェクトを軸とした高価値カラー提案、SYSTEM PROFFESIONAL、SPを軸とした高価値サロンケアの2本の柱で展開していくという。また、ヘアカラー&ブリーチにおいて発色力とリフト力を下げることなく強い髪へと再構成してくれる処理剤WELLA PLEXが発売されることにも触れた。
 続いて、2018年度教育戦略について、田村 司 教育部部長が解説。多様化する美容師キャリアを支える「教育」の多様化に対応するため、「Face to Faceが生み出す教育の力」、「Digital が叶える新しい教育の可能性」の2つアプローチを行っていくことを発表した。さらに、浮田 徹 副代表 営業教育統括が2018年度営業アクションプランを説明後、浜田次郎顧問の挨拶で閉会した。