日本ヘアカラー協会(略称:JHCA/野村慎二2017年度実行委員長)は、10月10日(火)、東京・代々木にある山野美容専門学校で、「HAPPY Hair Color/The Highlight Magic SEMINAR」を開催した。昨年に引き続き、「HAPPY Hair Color」をテーマに掲げた2017年。野村委員長は、サロンカラーとしてホームカラーとの差別化が狙いやすい「ハイライト」に焦点を当て、「The Highlight Magic」を掲げて全国で活動してきた。  
 同セミナーは、前日開催されたヘアショー「HAPPY Hair Color/The Highlight Magic COLLECTON」と2日間かけて“見て学ぶ”、本年度の集大成とも言えるイベント。当日はクラスA〜Fまでの6つに分かれたクラスルーム形式で、2017年のテーマである「HAPPY Hair Color/Highlight Magic」の核となるハイライトの最新テクニックを会員間で広く共有した。 
 クラスルームは、90分間、45分間のコンテンツの2種類。注目サロンが展開するセミナーや、JHCA協賛11メーカーとサロンのコラボのコンテンツ、さらにはJHCA全国各ブロックによるセミナーや、JHCAコンテスト受賞者によるセミナーなどが行われた。 
 セミナーでは、配置したホイルの“ズレ感”をコントロールする最新技術や、お客様に支持されている外国人風ハイライトデザインの“型”などを各サロンが発信。 またハイライトから派生したカットベースとカラーの関係や、パーマの活かし方など幅広い情報が提案された。見どころは、JHCAの全国各ブロックのセミナー。ここでは、(1)「教育マネジメント」、(2)「素材&ケア」、(3)「スピード」、(4)「カウンセリング」の4テーマに分け、技術だけではなく、教育やマネジメントに踏み込んだセミナーも行われた。
 3時間以上ぶっ通しで行われた今回セミナー。合計26コンテンツを受講した受講者は、明日からのサロンワークのヒントを多く持ち帰ったに違いない。