有限会社 水谷理美容鋏製作所(水谷裕一代表取締役社長)は、10月31日(火)、東京都港区のTEPIAホールにて「DREAM OF BEAUTY WORKS 2017」を開催した。これは、同社のエデュケーションプログラムの一環で提供しているセミナー。ミズタニシザーズを愛用するアンバサダーらが、多様なツールの使いこなしやカット技術を披露し、サロンの成果アップにつなげるヒントを伝える場となっている。第4回を迎えた今回は、世界的なバーバーブームを背景に理美容の垣根を越える「クロスオーバー」をテーマとして、3ステージが展開された。

第1ステージでは「スピードアップ」を主題として、ゲストとして招かれた川上昌博氏(理容室Apache / 旭川)の他、同社主催セミナーで講師を務めるトップスタイリストの面々が、クリッパーやレザーによるテクニックを紹介した。続く第2ステージでは、佐藤あやほ氏(BRING / 吉祥寺)、宮崎剛瑠氏(Apache)、仲井 翼氏(Tycann / 原宿)の3名が、教育とセルフブランディングをテーマに、自身の取り組みや後輩育成の工夫をプレゼンした。第3ステージは大野勝次氏(BRING)、栗本龍一氏(Tycann)、川上昌博氏がそれぞれモデルカットスタイルを作り上げた。衣装のスタイリングをしたtae氏(Be-STAFF)によるファッショントレンドのレクチャーも行われ、来場者は真剣な面持ちで聞き入っていた。


第1ステージ。川上氏のクリッパー技術、フェード技術がふんだんに紹介された。


第2ステージ。仲井氏のプレゼンテーション。


第3ステージ。tae氏によるファッショントレンドの解説と、大野氏、栗本氏、川上氏による技術展示。