ホーユー株式会社 プロフェッショナルカンパニー(佐々木義広プレジデント) は、11月2日(木)、東京都港区のグランドプリンス新高輪において、「96期(2017年11月1日〜2018年10月31日) ダニエル ギャルビン プロマスター代理店方針発表会」を開催した。
 冒頭、挨拶に立った佐々木プレジデントは、95期は、国内海外向けの一般市場が好調で会社全体の売り上げは約498億円、前年対比約104%となったが、プロフェッショナルカンパニーだけの売り上げは約62億円、前年対比約98%だったことを報告した。
 また、今期のスローガンについては、昨年同様の中長期スローガン“サロンの未来を明るく彩る”を継続。活動方針は“市場創造への挑戦”と“絆づくりへの貢献”を軸に、プロが使うプロならではの道具を開発して理美容業界の価値を高めていくことに貢献したいと述べた。
 続いて、プロフェッショナル マーケティング室商品企画課 松川亜希課長が2018年新商品計画を説明。5月には、25歳〜34歳の黒髪女性向けの中明度カラー剤『プロマスターアプリエミドル』を発売。9月には、35歳〜44歳のファーストグレイ向けの高明度カラー剤を発売予定。
 それらに先駆け、業務用と店販品のヘアケア商品『アプリエヘアケア』を2月に発売する。次に、同販売本部販売管理部販売推進課 梶岡憲郎課長が、プロモーションと販促活動について説明。
 2017年に引き続き『プロジェクトC』と名付けた4つのイベント&プロモーションで展開し、業界全体との絆づくりを強化していくと言う。方針発表終了後は、株式会社博報堂 行動デザイン研究所所長 國田圭作氏による基調講演と、懇親会が行われた。