11月20日(火)、フォードヘア化粧品 三口産業株式会社(三口雅司代表取締役社長)主催の「ハーブマジックオーナーズセミナー」が、東京・品川にある東京マリオットホテルで開催された。同イベントは、同社の「ハーブマジック」ブランドの愛用者が全国から集まり、サロン成功事例の共有や最新の予防美容について学ぶためのもの。
冒頭、挨拶に立った三口社長は、「弊社も20周年を迎え、東京・目黒にスタジオが完成した。今後は新スタジオを活用し、さらに顧客と向き合いたい。商品を売りっぱなしではなく、サロン様がお客様にどう落とし込むかという、最終段階の『味付け』までを提案したい」の旨を述べた。
 その後、ステージはサロンの成功事例の発表に。今回は、兵庫県神戸市の『hair space m』の松井 清、てるみ両氏が、客単価6,000円を倍以上に伸ばした「ハーブマジック」ブランドを使った顧客との関係性の構築法を披露した。サロン発表の後は、順天堂大学医学部 総合診療科研究室・病院管理学研究室の小林弘幸教授による特別講演。「超一流の人の『健康の極意』〜体の免疫力を最大に引き出す・腸内環境〜」をテーマに、最新の学術的な知見を交えたレクチャーが行われた。
休憩をはさんだ後は、同社ハーブマジック課 課長の小林ゆう子氏による「ハーブマジック事業計画」、浜村忠之氏による「人間の記憶と復習の有効性・リスクファクターと予防美容について」と題したプレゼンテーション。さらにその後は、同社専務取締役 開発本部長の島 計雄氏が「お客様に喜ばれる『予防美容サロン』【全国拡大】」と題した講演を行った。講演会の後は、懇親会が行われ、コメディアンの余興など盛りだくさんの内容で参加者は多いに盛り上がり、親睦を深め合った。