国際理容美容専門学校(和田美義理事長・校長)と同校後援会は、1月9日(火)、東京・千代田区のホテルニューオータニにて新春賀詞交歓会を開催した。
伊藤路秋後援会会長の開会の辞に続き、和田美義校長が登壇した。和田校長は、働き方改革が叫ばれるなか、美容は離職率の高い業界だとの批判もあり人出不足の解消も難しい現状に触れ、後援会の支援・連携に基づいたインターンシップ制の20名の特別クラスを4月よりスタートすることを表明。「夢をかなえる人づくり」をモットーとした教育を進める、と挨拶した。
石原伸晃衆議院議員ら来賓が祝辞を述べ、公益財団法人理容師美容師試験研修センター理事長・上原至雅氏の発声による乾杯で交歓会は開宴した。津軽三味線奏者の北村正貴氏率いる和楽器ユニット「和響」による津軽三味線と和太鼓の演奏が披露され、新春の和やかな雰囲気の中、列席者たちは新年の挨拶を交わした。