null

大阪府美容生活衛生同業組合(大井孝理事長)は1月15日(月)、大阪市北区のホテル阪急インターナショナルにおいて「創立60周年記念式典」を開催した。
まず高田満子副理事長による開会の辞、国歌斉唱、物故者への黙祷が行われた。次に大井理事長が来賓、出席者への謝意を述べ「昭和32年6月環境衛生関係営業の運営の適正化に関する法律の制定により、大阪府美容師連合会ほか、多くの団体が美容業界の飛躍、発展のために一致団結し、昭和32年11月大阪府美容環境衛生同業組合を設立。翌33年大阪府の認可を受け、満60年を迎える事ができました。昭和37年大阪府美容業の適正化、昭和42年環境衛生公庫の設立により美容業界の金融事情も好転、昭和43年管理美容師制度導入などで、様々な問題点や組合運営面でも混乱があり、必ずしも順風満帆に推移したとは言えませんが、困難な時期を乗り越えてきました。昭和50年多くの方々のご尽力により組合員の念願であった美容会館建設現在に至っております。また60年の間には関係各位や組合員の皆々様のご協力により、平成10年組合単独での第26回全国美容業技術大会開催、平成18年講師会のニューライン発表会開催、平成26年10月21日、大阪中央体育館で全国大会を開催させて頂きました今日まで組合の変遷と美容業界の発展を思い合わせると感慨深いものがあります。この場をお借りして、先人並びに組合員の皆様の長年のご尽力に対し厚く御礼と感謝を申し上げます。また今回ご受賞の皆様方には心からお祝いを申し上げます。今後私たちは技術の向上は基より、健全な経営、明るい将来への展望を目指し、70周年、80周年へと進んで参りたく思っております。」と式辞を述べた。

null
 次に来賓祝辞、来賓紹介、祝電披露が行われ、組合への功績者に対する表彰状・感謝状の授与、受賞者謝辞が行われた後に閉式となった。この後引き続き新年会の行われ、なごやかな歓談が行われた。

|大阪美容組合トップページ|美容組合とは| 組合メリット|お問合せ|組合行事カレンダー|News一覧|各種保険|融資制度|各種届出ダウンロード