グラムール美容専門学校(菊池笑子校長)は、1月15日(月)、大阪市浪速区の同校5Fホールにおいて、平成30年度 新年互礼会を行った。
冒頭、挨拶にたった菊池校長は「美容師は、生涯現役で頑張れる仕事だと思う。今年1年は(1)今を正々堂々と生きる。(2)前を見据えて新しいことにチャレンジする。(3)人々を幸せにする。この目標に向かって、一歩一歩前進あるのみ。これがこの私の決心です。この学校は、60年以上の歴史があります。平成10年に2年制になり、やはり美容師は技術だと気づいて20年になる。そして若い美容師を育てることに専念してまいりました。本日は、この場で在校生によるヘアショーを披露いたします。若者のパワーは素晴らしく、時間さえあれば学生は職員よりも上達する。どんどん前進するということを私は勉強になった。学生の長所を見つけ、それをどんどん認めてあげることで成長する。そのことを本日証明します」と述べた。
この後、(有)スタジオアスク米塚利勝氏の乾杯のあいさつで祝宴に移り親睦を深める中、在校生によるヘアショーが行われ華を添えた。