株式会社ミルボン(佐藤龍二代表取締役社長)は、1月22日、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪において、平成30年度ミルボン政策発表会を開催した。
市場環境と今年の基本方針、マーケティング戦略の概要、マーケティング戦略の具体政策の発表、ゲストプレゼンテーションが行われた。
市場環境と今年の基本方針について佐藤社長は、世界・国内経済の動向について述べた後、美容界のサロン環境の変化について日本国内は少子高齢化が進み、集客と採用に関して今まで以上に苦戦する事が予想される。そのため生涯美容師が育ち続ける、人と教育を中核にしたサロンの組織創りと、技術と店販による客単価アップし労働生産性の向上が重要になる。顧客の変化では、サロン滞在時間価値と生活時間価値の2つの時間価値があり、それぞれ向上させるおとで美容師の生涯顧客創りになり、サロンの生涯美容師の育成と、お客様の生涯美容につながる。2018年マーケティングコンセプトは、お客の生涯美容をかなえるライフタイムビューティを発信し、2つの時間価値を高める生涯美容師を応援することで、労働生産性の向上を目指すとした。代理店支援とサロン支援では、スタジオを新設し、そこから教育の充実を図る各種セミナーの開催。デザイン性を高めるDA INSPIREは国内8会場、海外はマレーシア、台湾、韓国、中国の4会場で行い、第2回DESIGNER’S AWARDを開催。PHOTO REVOLUTION 2018も行う。集客と採用支援をするWEB動画を配信する。サロン店販ビジネスに向けた化粧品事業は、2017年7月にコーセーミルボンコスメティクス(株)を設立。商品企画から研究開発、販売戦略、教育体制の検討に入っており2019年の制作発表会で発表出来ると述べた。続いてマーケティング戦略の概要をFP本部フィールド企画・平井正男部長が、マーケティング戦略の具体策を教育企画・鈴木俊彦部長が、オーガニックメニューとホームケアの提案を事業開発部ヴィラロドラ事業部・岡田将義部長が発表した。この後、ゲストプレゼンテーションは“生涯美容師が活躍する生涯美容室づくり”をテーマに、CMAmash?代表取締役社長・三石寛氏が講演を行った。三石氏は、経営の原点とそれを貫くための方針、生涯美容師に不可欠なことや生涯美容室の条件を紹介し、最後に“人、その職、愛せば 職、必ず、その人を養う”と締めくくった。