ルベル/タカラベルモント株式会社(吉川秀隆代表取締役会長兼社長)は3月13日(火)、東京・新宿区のベルサール新宿セントラルパークにて「2018ルベルセールスフォーラム」を開催した。毎年この時期に、全国各エリアで取引代理店に向けて、ルベル事業部の事業方針、マーケティング施策発表の場として行っているもので、この日は東日本を拠点とする代理店セールス関係者が参加した。
初めに、吉川朋秀常務取締役理美容サロン事業本部本部長・ルベル事業部長が、2017年度総括および2018年度活動方針について説明。それによれば、2017年度の国内売上見込みが121億円で、2016年の117億円から3.4%のアップ。カテゴリー別の伸長率を見ると、パーマ97%、カラー99%、ヘアケア103%、スタイリング116%、メンズは166%という数字になっている。
また、一昨年オープンした世界最大規模のショールームである『TB‐SQUEA』(大阪市中央区)の年間来場者数が23,716人にのぼったことを発表した。
 続いて、2011年から2016年の美容室の売上推移について触れ、売上が5%アップした美容室が全体の21%あって、その中では金額帯別の客数推移の特徴として10万円以上の上位顧客が拡大していると解説。そのことからも、美しくなることを強く望むお客様へのデザイン提案の強化が鍵である、という認識を示した。
 そういった認識のもと、2018年ルベルの活動方針としては、サロン・デザイナーの本質的である「デザイン力」を営業・製品・教育・情報でバックアップしていくが、その中でも特に情報に力を入れた展開をしていくことを表明。情報の届け方として現状では、1.リアルコミュニケーション(営業活動/face to faceでのコミュニケーション) 2.(業界誌/一般誌/バレッタ/モードコンパスなど) 3.ソーシャルコミュニケーション(Webサイト/instagram/facebookなど)がある中で、ソーシャルコミュニケーションの展開に力を入れていくとした。
 そして最後に、各種アンケートの結果を提示しながら、今の女性は「キレイになりたい」という単独の欲求だけでなく「ナチュラルに」や「品よく」など複数の魅力を求めていることを解説。それらを背景に、2018年度は年間を通じてストーリーをつくって販促していかなければならないとし、そのテーマとして『Pile the Beauty』=「積み重ねる美」を掲げ、製品・プロモーション・教育を通じて複合的にサポートしていくことを力強く宣言した。
 続いて、2018年度の具体的なマーケティング施策について、理美容サロン広報企画の植野尚子氏が説明した後、『Pile the Beauty』〜積み重ねるデザインの価値〜と題してマカロニコーストの中澤保人氏が講演。自らも製品開発に関わった新しいヘアケアラインである『SEE SAW』について説明しながら、お客様の期待に応えるために必要なデザイン提案や教育に関して、いいものを諦めずに伝え続けることが大事、という持論を展開した。
 最後に、東日本第二営業部の斎木毅氏が登壇し、2018年度のエリア施策を発表し、全プログラムを終了した。


2018年度の方針を説明する吉川朋秀常務取締役理美容サロン事業本部本部長・ルベル事業部長


基調講演を行うマカロニコーストの中澤保人氏