株式会社東光舎(井上研司代表取締役社長)は、岩手・花巻市のホテル志戸平にて、100周年記念祝賀会を開催した。

開会の挨拶では、井上弘会長が創業100周年を迎えられたことに感謝を述べるとともに、これまでの歴史を振り返った。そのなかで「技術と品質を追求し、製品が広く世界に貢献することを喜びとする」という経営理念に触れ、「創業者の経営理念に従ってきたことで、100周年を迎えられた。今後も、経営理念を守り、若い力で120年、150年を目指して欲しい」と社員へメッセ―ジが伝えらた。

続いて、来賓の代表として、ヘアーサロンHONMA代表・全理連中央講師の本間義和先生から、祝辞が送られた。自身が考案した鋏のエピソードなどが紹介され、「機能を重視した、品質の高いジョーウェル製品のおかげで、毎日の仕事が楽しくできている。人生は鋏のごとしで、研ぎ澄まされた感性と切れ味鋭い人間性が大切」と激励の言葉がおくられた。

その後、株式会社名久井の名久井功介代表取締役社長よる乾杯の発声で開宴。祝賀会の中盤、井上研司代表取締役社長からの挨拶では「社員一人ひとりに役目があり、誰が欠けても会社は成り立たない。皆で力を合わせ、環境の変化に適応しながら、今後も発展させていく」と力強く誓った。

終宴にさしかかる頃、井上真大専務取締役が謝辞を述べ、「100周年を迎えられたのは、全世界のお客様、懸命に努力してきた一人ひとりの社員、そして会社を築き上げてきた家族のおかげである」と感謝の意を表し、お客様や社員など、約60人と共に100周年の大きな節目を祝った祝賀会は閉会となった。