2月22日(木)インターコワフュール ジャパン(世界美容家協会・山野純治会長)は東京・新宿区のハイアットリージェンシー東京にて2017年度定時総会と創立50周年記念祝賀会を開催した。
冒頭の正・副議長選出の後、山野会長の挨拶に続き、議案審議へと移った。

本総会の議案は(1)2017年度 事業報告 (2)同 会計収支決算報告 (3)同 会計監査報告 (4)2018年度 事業計画案 (5)同 収支予算案 (6)会員状況 (7)理事改選の件が報告され、会員の承認を得た。

このうち、(1)2017年度 事業報告では大林博之氏より、本年度の事業総括として、昨年開催された第22回インターコワフュールワールドコングレス大阪/京都について、世界35カ国、延べ4000名を上回る累計来場者数を記録した事が主に報告された。その後、ファッション委員会、組織運営委員会、広報委員会、アクティブ委員会、国際委員会、親睦委員会より各委員会の活動報告が行われた。本部関係として、本年9月にスイスで開催予定のICD ヨーロッパコングレスや褒章、その他スケジュールが伝達された。

また、理事/役員任期満了に伴い行われた(7)理事改選では、佐藤 律氏、大林博之氏 加藤待子氏、成迫 博氏、北村 賢氏、佐藤 肇氏、古久保幸治氏、鈴木吉昭氏、加賀裕章氏、田中孝幸氏、計良宏文氏、小河原麻里氏の12名が理事に選任。会長には山野純治氏が、副会長にはマサ大竹氏、佐藤 律氏、大林博之氏が再選した。その後開かれた記者会見では、山野会長をはじめとする役員、理事が同会運営の抱負を語った。



創立50周年記念祝賀会には、クラウス・ピーター・オックス世界会長、オットー・ソマー名誉副会長、Dr.カール・シュローダー氏が出席し、50周年のお祝いと、ICDジャパンとの長きに渡るパートナーシップへの感謝を述べた。その後、田中雅子モンド・サ名誉副会長へ特別功労賞が、1970年から1988年に入会した会員に永年感謝として功労賞が贈られた。新会員へはICDのバッジが授与された。後半では、インターコワフュールジャパンの50年の歩みが上映され、過去の大会での奮闘や、歴代会長の功績が称えられた。同祝賀会には中国、台湾、香港、タイ、シンガポールからも各国支部会長/会員が出席。総勢220名を超えるゲストが創立50周年を祝った。