資生堂美容技術専門学校(大竹政義学校長)は、3月6日(火)、東京都板橋区の資生堂学園ホールにて「第8回 STUDENT CUP」を開催した。これは、学生の「技術力向上」と「向上心の育成」を目的とした、1、2年生合同の校内技術コンテスト。1年間ないしは2年間で学んできた技術を発揮し、学年の垣根を越えて全生徒が互いの腕を競い合える集大成の場だ。
 競技は、モデルに施す「パーソナルイメージクリエーション・メイクアップ」、「振袖二重太鼓」、「クリエイティブ・ヘア&メイクペア」、「サロンスタイル・ヘア&メイクペア」、「ネイル」、「スタンディング・フェイシャルマッサージ(1年 / 2年)、「エステティック」、ウイッグに施す「カットスタイル」「アップスタイル」「パーティ・ヘアアレンジ」「ワインディング」の他、「デッサン」、「フォト」、「ネイルチップ」の15部門にて行われた。
 国家試験直後の2年生はごくわずかな準備期間での出場となったが、学生生活最後のコンテストとあって、これまでの学びをすべて注力するかのように勢い良く取り組む姿が目立った。また、互いに励まし応援する学生も多数見られ、会場は白熱しながらも、終始温かい雰囲気に包まれていた。
 一方1年生は、卒業まで間もない2年生との最後の交流を惜しみつつも、先輩と肩を並べるべく全力で競い合っていた。また、競技後には1年生が「ありがとうの会」を催し、スライドショーや歌にのせて、これまでの感謝の意を伝えていた。
 閉会の挨拶では大竹政義学校長が登壇し、学生の奮闘を労うとともに「技術と感性は両輪であり、どちかだけが優れていても良いものを作ることはできない。これからも、それら2つの研鑽を積み重ねていってほしい」とエールをおくった。

各部門の優勝者は以下の通り。
●パーソナルイメージクリエーション・メイクアップ / 大木千穂 ●振袖二重太鼓 / 野本彩夏 ●クリエイティブ・ヘア&メイクペア / ヘア:植原芽衣、メイク:大河原小雪、モデル:寺嶋瑞季(TOMOTOMO賞とのW受賞) ●サロンスタイル・ヘア&メイクペア / ヘア:水澤優希、メイク:古屋花織、モデル:本間勇輝 ●ネイル / 西園伯美子 ●スタンディング・フェイシャルマッサージ(1年) / 率 伊妃 ●スタンディング・フェイシャルマッサージ(2年) / 佐藤紗希 ●エステティック / 伊東ありさ ●カットスタイル / 金親杏美 ●アップスタイル / 室 晶子 ●パーティ・ヘアアレンジ / 金 光玉 ●ワインディング / 堀田美聡 ●デッサン / 網野梨南美 ●フォト / 細川風香 ●ネイルチップ / 佐々木美桜


クリエイティブ・ヘア&メイクペア部門で優勝&TOMOTOMO賞を受賞した、 大河原小雪さん、寺嶋瑞季さん、植原芽衣さん


受賞者の皆さん


表彰状を授与する大竹政義学校長


競技の様子(1)


競技の様子(2)