高津理容美容専門学校(疋田康子学校長)は、3月7日(水)、大阪市天王寺区の国際交流センターにおいて、2018年卒業式を行った。
厳粛なムードの中で卒業証書、賞状・商品授与が行われた後、古武一成理事長は“主体的により高きを目指せ”をテーマに「勉強は、自ら進んで励む。サロンに入ったら明るく元気にふるまう。能力はあっても、やり方が分からなければ意味がない。皆様は、フレッシュさがウリになる。初々しさ、元気さ、明るさを心の中に持つことでお客様に伝わる。心の動きと表現、表情が伝わり自分自身を輝かせる。一生涯の中で強い影響力を育む。会社は仕事をするところ、学校のように手取り足とり教えてくれない。聞かないと何も教えてくれない。お客様に喜んでいただくには様々悩む。その能力を磨き自分の身につける。教えていただいたことを自分の身に付け、工夫を加え独自の能力にする。それには指導者のアドバイスをよく聞くこと」と卒業に際し式辞を述べた。