null
null

ヴェールルージュ美容専門学校(佐守校長)は3月12日(月)、大阪市北区の大阪市中央公会堂で、平成28年度卒業式を挙行した。
君が代独唱、卒業証書授与、知事賞などの各賞賞状授与が行われ、次に佐守校長が「学校は、社会人になるための教育をしているが、皆さんは2年間で大きな進化を遂げている。社会に出て、働くこと、勉強すること、後輩に教えること、色んな事をこれから経験できると思う。自分の人生を自分で切り開いて頑張ってください」と式辞を述べた。
続いて岡田重憲理事長が「これからの人生に何が起こるか分からない。予期していないことは必ず起きるがその時に絶望しないでほしい。よく考えて自分が今できることを全力で一生懸命やってほしい。大きな壁にぶち当たり解決できない時は、学校に戻ってきてほしい」と式辞をのべた。在校生送辞、卒業生答辞の後、閉式となった。
今年は、カラーデザインコース40名、カットデザインコース30名、ヘアメイクコース44名、ブライダルスタイリストコース45名、マスターコース29名の計217名が母校を巣立った。