null
null

株式会社ナンバースリー(浅野全民代表取締役社長)は3月26日、神戸市の本社において、3月22日に発売した「HUE(ヒュウ)」の発表会を開催した。
まず「HUE」発売の市場背景(1)自然派化粧品のニーズ拡大及びアレルギー疾患患者数の増加(2)「傷む」がヘアカラーをやめる・しない理由第一位(3)ヘアカラー市場の増加(若い世代のカラー利用率アップ)、製品コンセプト、製品紹介、メニュー提案が行なわれた。
次に製品開発に携わったアメリカ・ビバリーヒルズ在住のカズミ・モートン氏が登場。二人のモデルを使ったデモンストレーションを行った。カズミ氏は「アメリカでは、1度アルカリカラーを使ったところにアルカリカラーをつけるなんてありえない」と語りながら、新生毛をぼかす程度に短時間でリストさせる「ベースメイク」テクニックや境目が目立ちにくく柔らかいグラデーションスタイルが表現できる「ティージング」テクニックを披露しモデルを仕上げた。
「HUE」は、「HUE COLOR」と「HUE GLOSS」の2つのラインナップで、パラフェニレンジアミン、アンモニア、シリコーンほか9つのフリーを実現し、同社のコンセプトであるウェルビーイングに取り組んだ。「HUE GLOSS」は極めてアルカリ量の少ない液体酸化染毛剤で、ゲル化することで薬剤の操作性と浸透性をアップし、キューティクルを整え、毛髪に潤いとツヤと弾力を与える。