ホーユー株式会社プロフェッショナルカンパニー(佐々木義広プレジデント)は、4月16日(月)、大阪市中央区のホーユースタジオ大阪において、3剤式ヘアカラープロマスター アプリエ ミドル発売記念セミナーを開催した。
プロマスター アプリエ ミドルの特長は、色濃く透ける質感と輝きをまとうつややかな質感が楽しめるヘアカラー。年代ごとにヘアカラーのニーズが異なり、24〜34歳の社会人を中心とした年代は、赤味を嫌い質感を重視する世代で、この年代のニーズに焦点を合わせている。15〜24歳は、透明感や軽さを特に求める。35〜44歳の子育て世代は、白髪も赤味も嫌い、今まで通りを重視する。また、サロンでのメニューオーダー方法は、7割弱が画像を用いてやり取りをする。ヘアカタログやインスタグラムの画像で、なりたい仕上がりを美容師とイメージを共有している。アプリエ ミドルは、酸化助剤の有効成分として過炭酸ナトリウムを使用した3剤式のヘアカラー。3剤のPCパウダーは、1剤に含まれるアルカリ剤と2剤に含まれる酸化剤の両方に働くパウダーで、酸化染料の重合を助けメラニン色素を分解する。一方で脱染を抑え色濃く染める、同社販売企画課の小峰太一氏が消費者ニーズと商品解説をした。
この後、開発サロンのFLEAR|COO 松谷良輝氏、AFLOAT NAGOYA|代表 鈴木雄大氏が、モデル施術と展示を行った。仕上がったスタイルから、しなやかなスタイルなら光を閉じ込め上品な色味が出る。また、エアリーなふんわりスタイルなら光に透けて軽やかな透け感を楽しめる、ダブルフェイスカラーと紹介した。最後に松谷講師は、“これからの美容室は、美容と健康がキーワード”。そのためにもサロンのメインメニューであるヘアカラーで、ダメージを与えては繁盛店になれない」と述べた。
17日(火)には、ホーユースタジオ東京でプロマスター アプリエ ミドル発売記念セミナーを開催した。