null
null
全美商連四国ブロック(吉川良文ブロック長)は4月16日(月)、徳島県徳島市のホテルザグランドパレスにおいて、「平成30年四国ブロック会議」(開催担当:徳島県、株式会社つつみ商会堤浩一郎理事長)を開催した。
堤理事長が司会を務め、吉川ブロック長を議長に任命し会議がスタート。まず各単組の出席者紹介が行われ、続いて各県より活動報告がなされた。
次に全国美容用品商業組合連合会の須山裕二理事長より本部報告が行われた。「4月1日現在で全美商連に加盟しているのは、9ブロック36単組、304社、賛助会員60社。11単組は休会もしくは解散しているが、5月以降に復帰予定の県もあり、高知県に関しては夏以降に会談予定となっており、是非力添えをいただきたい」と訴えた。また3回目となるビューティユニティフェスティバルも全国で1万冊の販売を予定し、特賞をマカオ海外旅行ペア2組、1等を1万円30本に変更、実施期間も11月初旬〜1月末迄とし、案内印刷物は9月にあがるように準備を進めていると報告。
また、6月25日〜26日、横浜で開催予定のアジアビューティエキスポに関して、「2年前に準備委員会を立ち上げ、順調に進んでいる。アジア(中国、韓国、台湾)から4000人に来てもらいたいと思っている。」と述べ、今回のステージやヘアショーの特徴を詳細に解説し、引き続きの協力を呼びかけた。
次に山本晴光株式会社ST代表取締役が、美顔器ローラー「SiTERA(シテラ)」のデモンストレーションを行い、販促協力を呼びかけた。今後は全ブロックで説明を行う予定。
続いて、今回の開催場所となった株式会社ホテルグランドパレスの岡本崇志取締役副社長を講師に迎え、「徳島ブライダル事情〜地元企業の挑戦〜」をテーマに記念講演を行い会議を終えた。引き続き、会場を移して懇親会が行われ、活発な情報交換が行われた。