NRB日本理容美容専門学校(田中忠典校長)は、4月9日(月)、大阪市生野区の同校において、平成30年度 理容科、美容科(昼間部、夜間部)生の入学式を行った。
冒頭、挨拶に立った田中校長は「皆様は、期待と不安につつまれながら、この場にいるでしょう。新しい一歩を踏む時にはつきもの。技術と知識を身につける一歩を踏みだした。この時期は、人間として大きな成長を遂げる。同校は創立88年の伝統校。時代に適応した理美容師を育成してきた。理美容業界は一見、華やかに見えるが自らの努力が必要。これからの2年間はすぐに過ぎる。目標を持ち努力を積み重ねて欲しい。様々な悩みを乗り越えながら成長する。時には、家族の励ましも必要だと思う。充実した生活を送って下さい」と式辞を述べた。